予約システム自動化のCoubic(クービック)、サービス参加店舗の会員カード機能を集約できるモバイルアプリをリリース

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.6.7

Image credit: Coubic

予約システム自動化の「Coubic(クービック)」を運営するクービックは6日、サービスの予約を受け付けているビジネスオーナーと、サービスを利用するユーザを繋ぐ会員向けモバイルアプリの提供を開始した。iOS と Android 向けに、それぞれ AppStoreGoogle Play からダウンロードできる。

このアプリでは、お出かけ、遊び、体験などさまざまなジャンルのサービスを会員登録、予約管理が行える。近日中には、出欠管理、決済、クーポンを使ったお得情報の配信などを可能にする予定。

Image credit: Coubic

市中の小売店舗などでは、誘客のために会員制度を作ったりローヤルティカードを配ったりすることがあるが、消費者は利用する店舗の数だけカードを持つことを余儀なくされ、財布がかさばったり、必要なときにカードを持ち合わせていなかったりする不都合が生じる。Coubic の新アプリでは、参加する店舗は手間をかけず、これらの問題を解決できるようになる。

クービックは2013年10月、グーグルの検索プロダクトマネージャーやグリーの海外企業・新規事業案件の立ち上げを経験した倉岡寛氏(現在、クービック代表取締役)により設立。Coubic のサービス約4年を迎えた2018年5月末段階で、累計ベースで登録事業者数が6万件を突破したことを明らかにしている。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------