ZOZOSUITは世界的先行事例ーーD2Cアパレル「FABRIC TOKYO」森氏が語る、ファッションテックが扉を開く「サイズ以外の可能性」 #IVS

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2018.6.8

fabric-tokyo_001
FABLIC TOKYO代表取締役、森雄一郎氏

本稿は、6月6〜8日に開催される、Infinity Ventures Summit 2018 Spring in Taipei の取材の一部。

招待制カンファレンス「IVS」で台湾を訪れた。同カンファレンス初の海外開催ということで、セッション内容もディープな日本人向け経営課題の共有というよりはよりグローバルな話題が多く、また、恒例のスタートアップ・ピッチステージ「Launchpad」も半分が台湾スタートアップと普段とは異なる課題に触れることができた。主催運営は大変そうだが、いい意味で国内との違いを感じられる機会になりそうだ。

さて、そんな会場で私は今回も経営者諸兄の話題に耳を傾けたのだが、多く語られていたのは「個人を力づける」時代の到来だ。大きな会社、資本から個人、信用の世界へ。所有よりも共有、お金よりも共感という世界観について問いを投げると、多くのアイデアを語ってくれた。

なかでも面白かったのがファッションテックに関する話題だ。センセーショナルなデビューを果たした「ZOZOSUIT」はこれまでなかった「ヌード寸」というビッグデータをクラウドに上げることに成功した。

人々のサイズがデータ化される世界で何が起こるか。

今年1月に社名とブランドを統一した2012年創業のD2CアパレルFABRIC TOKYO(旧ブランドはLaFabric)」の代表取締役、森雄一郎氏に今、ファッションテクノロジーで起こっている興味深い話を聞けたのでみなさんに共有したい。(太字の質問は筆者、回答は全て森氏)

fabric-tokyo_003

今、ファッションテックではZOZOSUITが話題だ。以前の取材でもテクノロジーによる採寸アイデアを聞いたことがあったが、森さんはその辺りの事情に詳しい。そもそもあの手法を採用したようなスタートアップ事例を知っているか

「(知る限り)全身採寸をあの手法でやったのは初めて見ました。以前のモデルについては、イスラエルでもセンサーを埋め込んだタイツをユーザーに着てもらって採寸し、ジーンズを作るという例はありました。また、体重計スタイル(※ShapeScale)についてはようやくクラウドファンディングに進んだかどうかというステージ。立ち上がりがいいとは言えないですね」。

ボディスキャンして採寸データを集めるという事例は世界的にも珍しい事例になる

「世界的に見てもすごく早いです。私も各国にファッションテック系のスタートアップと繋がりがありますが、メッセージがいくつも届きましたよ。あれってどうなってるの?って(笑」。

FABRIC TOKYOでも実店舗やポップアップを使ってユーザーの採寸をしている。ZOZOSUITで驚いた点は

「無料で配布した点です。これで自宅で手軽に誰でも採寸ができる。多くの事業者が想像はしていたけど、それをやってのけた。戦略と資金力ですね」。

逆にまだ物足りない点は

「レビューされた方が多く意見していたように、ヌード寸(※裸のサイズ)ではぴったりになるけど、それが自分の好みかどうかは別の問題になる点ですね。普段はダボダボなシルエットが好きな場合があるように、フィット感と定性的な趣味は異なる場合があります」。

どうやってその違和感を埋めるのか

「やはり好みのビッグデータ化は必要でしょうね。例えばファッションサブスクリプションのスティッチフィックス、ラクサス、エアークローゼットのようなモデルは多くのユーザーフィードバックを持っています。私たちもリアル店舗でこういった「主観のデータ」を集めて体のサイズ以外の情報収集を進めていますね」。

FABRIC TOKYOではこれまでもユーザーの採寸データを使ってファッションサービスを提供してきた。顧客のニーズはどのあたりにあるか

「お客さんからは洋服の買い方が変わった、と言っていただけてます。私たちは彼らのサイズはもちろん、好みも把握しています。それがワンタップで買える。利便性も含めての全体のユーザー体験がよくなった結果、おおよそ50日ぐらいの周期でお客さんがまた戻って(再購入して)くれるようになりました」。

サイズが合わないとか趣味に合わないという余計な心配がないから気持ちよくなってまた買いたくなる。もともと森さんはファッションのD2Cソリューションが強みだった。ZOZO効果もあり、今後、ファッションに関するデータをより集めやすくなる時代がきたとして、何がさらに強みとして積み上がるのか

「これまでのアパレルは製造過程が把握できませんでした。私たちも中間流通をすっ飛ばして安く、ではなく、自分たちがお金を支払って購入するファッションがどうやって出来ているか、知ることで共感してもらうという取り組みを進めています。結果的にオリジナル商品であってもウェブだけでヒットが生まれる」。

海外でもユーザーが製品を深く知ることで共感し、ミレニアル世代を中心に輪が広がる仕組みを作ろうとしている事例もみられる

「アパレルはトレンドから個人に向かってると感じてます。オーダーメイドをひとりひとりに提供できるサプライチェーンが可能になり、その人に似合うアパレルはなんだろう、1点1点作り込めるようになったんです」。

あなたのことを知って『これはいかが』と丁寧に提案してくれる体験がファッションに新しい世界を生み出すのは想像がつくとして、そこでの課題は

「生産面はまだまだアナログです。私たちも工場に対してシステムの導入をするまで時間がかかりましたね」。

ありがとうございました

彼らがロンチした4、5年前、ファッションテクノロジーはひとつのカテゴリを作れるほどのボリューム感はなかった。しかし、ZOZOの放った衝撃でこの分野が大きく動こうとしている。先行者たちが今後、ファッションテックの分野でどのようなポジションを取るのか、大変興味深い。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------