トヨタ、配車サービス大手のGrabに10億米ドルを出資へ——東南アジアでコネクティッドカー普及の足がかりに

by e27 e27 on 2018.6.13

患者を搬送してくれる Grab の新サービス
Image credit: Grab

東南アジアの配車サービスユニコーン Grab は今日、現在進行中の資金調達ラウンドで、トヨタ自動車がリードインベスターとして10億米ドルを出資すると発表した。明らかに、世界の配車サービス分野において、自動車製造メーカーによる史上最大の出資となる。

この合意の一部として、トヨタと Grab の両社は東南アジアに新たなモビリティを普及させるため、コネクティッドカーの分野において、現在の協業関係をさらに強化・拡大するともしている。

Grab は、テレマティクスを使った保険、金融プログラム、予防保全など、トヨタのモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)上のコネクティッドカーサービスが、Grab プラットフォーム上でドライバーの体験をどのように充実できるかを確かめるため、トヨタと協業する。

今回の出資により、Grab は現在展開する GrabFood、GrabPay などの O2O サービスの枠組みを、東南アジアでさらに拡大することが可能になるだろう。今回の取引は、特定のクロージング条件を充足する必要がある。

現在の戦略的な協業関係をさらに深めるため、トヨタの上層部の一人が Grab の取締役に就任する予定で、トヨタチーム専任メンバーが Grab にエグゼクティブオフィサーとして出向する見込みだ。

<関連記事>

Grab は東南アジアにおける O2O モバイルプラットフォーム大手で、消費者への日常サービスを提供している。同社によれば、これまでの Grab のモバイルアプリのダウンロード数は1億件超、累積で660万人以上のドライバーやエージェントに乗客を紹介しており、毎日600万件以上の乗車をもたらす東南アジア最大の陸上交通サービスとなった。

Grab は交通のほか、フード、小包配送、モバイル決済、金融サービスも提供している。現在、シンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジアの8カ国217年でサービスを提供している。

Grab のプレジデントである Ming Maa 氏は、次のように語っている。

Grab は、1億人以上のユーザのモバイル端末にインストールされ、東南アジアで初めて10億米ドル以上のランレート売上を築いたテクノロジースタートアップだ。我々の急速なユーザ・売上成長は、極めて地元に密着したサービスを提供できていること、東南アジアのような多様な地域で効率よくサービスができるプラットフォームであることの証拠と言えるだろう。

トヨタ自動車の副社長で、コネクティッドカーカンパニーのプレジデントである友山茂樹氏は、次のように語っている。

トヨタのコネクティッド技術を使って、東南アジアの配車サービス大手 Grab との協業関係を強化できることをうれしく思う。今後は Grab とともに、東南アジアの顧客により魅力的で、安全で、セキュアなサービスを開発していく。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------