VR広告のVRizeが3DCGアドネットワーク公開、ゲーム系中心に効果も

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2018.6.14

VRize.jpg
VR(バーチャルリアリティ・仮想現実)空間での広告ネットワーク事業を手掛けるVRizeは6月14日、3DCGを広告素材としてスマホ・PCに向けて配信できるアドネットワーク「3D AD」を公開した。素材にはタップやスクロール、ジャイロ(傾き)操作などの設定が可能になっている。

ネットワークに参加しているメディアの詳細は非公開。同社に確認したところ、ゲーム系メディアを中心に約10サイトほどが参加しており、配信在庫は10億インプレッションほどを確保しているという説明だった。また料金体系はCPM、CPIで単価については条件によって異なるそうだ。

3D ADの例(リンク先でプレビューも可能)

3D素材がより立体的に見えるよう、広告枠を独自に最適化しており、2018年春からゲーム開発企業を広告主に数十件のテスト配信を続けてきた。従来の静止画・動画広告に比較して3倍ほどのクリック効果が出る事例もあったという。3DCG技術はゲーム、アニメ以外にもVirtual YouTuberなどの活用も話題になるなど、一般的な認知が拡大しており、今後、同社ではブランドなどに対しても広告販売を進める予定。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------