介護現場のケアプラン作成支援「ウェルモ」が4.5億円を調達、AI活用で効率化

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.6.12

milmo.png
Image Credit : ウェルモ/YouTube

人工知能(AI)を活用した福祉サービスを提供するウェルモは6月6日、フェムトパートナーズ、アイ・マーキュリーキャピタル、SXキャピタルを割当先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額で4億5000万円。出資比率などの詳細は公開されていない。

ウェルモは、介護業務であるケアプラン作成支援するAIエンジン「CPA( ケアプランアシスタント)」を2016年から開発。介護業務の中でも業務負荷が大きい「初回のケアプラン作成」をAIで支援する。

また同社では介護の地域資源情報プラットフォーム「ミルモ」も提供している。ミルモには地域の介護情報が集約されており、ケアマネジャーやソーシャルワーカーといった専門職が利用者のニーズに対応して正確な介護サービスの提案を行うことが可能になる。すでに既に東京都、福岡市近郊で約1万5000件ほどの介護事業所データを提供しており、福岡市内の介護事業所では78%シェア(同社調べ)があるとしている。

今回の資金調達により、ケアプラン作成支援「CPA」の製品化や介護の地域資源情報を集約するプラットフォーム「ミルモ」の関東近郊都市への展開、児童発達支援等を行う「UNICO」の展開に取り組む。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------