「手数料無料で対応」ーーズボラ旅、Airbnbの未許認可物件全キャンセルを受け救援活動を実施

by SuzukiSekiko SuzukiSekiko on 2018.6.8

スクリーンショット 2018-06-08 17.45.25.png

チャット型旅行窓口の「ズボラ旅 by こころから」を運営するHotspringは6月8日、Airbnbが宿泊許認可の届出がないホストへの6月15〜19日分宿泊予約に対して全件キャンセル処理することを発表したことを受け、キャンセル対象者に向けた救済を公表した

同サービスの他、Airbnbのリリースでは宿泊予約のキャンセル対象者に対して、24時間サポートを実施し、旅行代理店JTBが宿泊施設の確保を手伝うとしている。

Airbnbで予約した物件に宿泊できなくなったキャンセル対象者は、ズボラ旅のLINE相談窓口から経緯を伝えることで、宿泊代替施設についての相談から宿泊予約までを受けることができる。現時点では、既存サービスと同じ窓口だがメニューを分けて相談しやすくする予定。外国語対応も「連絡をくださった分はなるべく対応している」(有川氏)ということだった。

同社代表取締役の有川鴻哉氏は、キャンセル対象者に対して次のようにコメントしている。

「この度は、突然かつ直前でのキャンセルで、本当にたくさんの方がお困りかと思います。 チャットで旅行の相談ができるぼくらの窓口で少しでも力になることはできないかと考え、相談料や手数料をすべて無料にて、代わりの宿さがしや手配をさせていただくことにしました。 旅行好きが転じてこのサービスを立ち上げたぼくらが、少しでもみなさんのお役に立てましたら幸いです!」(有川氏)

5月22日にリリースした行き先を伝えなくても旅行を提案してくれるチャット窓口「ズボラ旅 by こころから」。開始から数時間で数千件の問い合わせがあり、一時はパンク状態とも報じたが、毎日12:30から人数制限付きでの窓口としたことで現在は「パンク状態」から順次対応可能な状態に切り替わっているそうだ。累計相談件数は7000件を超えた。

 

追記:旧タイトルの英語部分に関して、いただいている分は対応しているというニュアンスであったため、変更させていただきました。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------