フランスの起業家の成長支援をーー現地ベンチャーキャピタルISAIが1億7500万ドルのファンドを調達

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2018.7.9

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash

パリ拠点のベンチャーキャピタルISAIは4日、レイトステージ向けの1億7500万ドルのファンドをクローズしたことを発表した。フランスのスタートアップの拡大支援を目的とするものだ。

フランスではスタートアップが拡大し、アーリーステージ向けのファンドも増えたが、エマニュエル・マクロン大統領下の政府も運営するLa French Techプログラムの戦略はもっとも期待できる若い会社のスケールアップを支援する方向性にシフトし始めた。

フランス、そして欧州全体でも、シリコンバレーのライバルのスピードに追いつけるような形でスタートアップを支援できるレイトステージの資金調達が一般的に不足している。その結果、ファウンダーはより大きな資金を求めて海外に行くことを余儀なくされたり、大きな企業に早い段階で売却する結果となっていた。

今回の新たなISAIファンドはこうした問題を解決することを目的としているようだ。プレスリリースでは、過去に調達したファンドのサイズよりも3倍大きく、3ヶ月で調達できたとISAIは述べている。2010年に創業した同社は、過去5年間でサイバーセキュリティやB2B、デジタルマーケティングといった分野でスタートアップを支援してきた。

新しいファンドはISAI Expansion IIという名称だが、600万ドルから3500万ドルのラウンドにリード投資家または二番目の参加者として投資する予定だ。目的は、スタートアップのグロースの加速を支援すること、利益が出るモデルを築くこと、グロース用の資本欠如が理由で早い段階でエグジットしなければならないというプレッシャーを取り除くことだ。

ISAIのプレジデント Jean-David Chamboredon氏は、発表資料で次のようにコメントする。

「私たちは、起業家と機関投資家の支援者のみなさんの自信をとても誇りに思っています。長距離戦に挑みたい起業家にとっての新たな選択肢となります」

このファンドの発表は、ベルリン拠点のEarlybirdが今週クローズしたディープテックスタートアップ向けの2億400万ドルのファンドに続くものだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------