〝ニューリテール〟コーヒースタートアップのLuckin Coffee(瑞幸咖啡)、シリーズAで2億米ドルを調達——バリュエーションは10億米ドルに

by TechNode TechNode on 2018.7.17

中国で急成長を遂げている〝ニューリテール〟のスタートアップでコーヒーの普及役になっている Luckin(瑞幸咖啡)が、2億米ドル相当のシリーズAラウンドを完了し、同社評価額が10億米ドルになったと発表した。このラウンドは Dazheng Capital(黒龍江大正投資集団)、Joy Capital(愉悦資本)、Government of Singapore Investment Corporation(GIC)、Legend Capital(君連資本)が資金提供したと Sohu(搜狐)が伝えている

Luckin の登場は、伝統的にお茶を愛する中国でコーヒー熱が高まりつつあることを示している。 数年前に安くて(可もなく不可もない)セブンイレブンのコーヒーが日本人の心をつかんだのと同様に、Luckin も安くて(ありきたりな)手法を採りつつ、さらに中国のモバイル中心なライフスタイルにローカライズして〝ニューリテール〟のトレンドに順応した。オンラインで注文した後、近くの店舗で受け取るか、30分以内でデリバリーしてもらうかを選ぶことができる。

この種のビジネスモデルは店舗がたくさんあって初めて成立する。これまでに同社は13都市で500店以上を開店している。5月初めのインタビューで設立者兼 CEO の Qian Yazhi(銭治亜)氏は、同社は130万人以上の客に約500万杯のコーヒーを販売したと語っている。同氏は中国最大のレンタカーサービスの1つである UCAR(神州優車)の COO を務めた経歴を持つ。同社の売上げは、クーポン形式の大幅割引で急成長を遂げた。

また、同社は(若干ありきたりとは言えない質のコーヒーを販売している)Starbucks に公開文書を送って注目を集めた。Starbucks の中国内での独占的慣行を非難し、訴訟する可能性に言及したのだ。Starbucks はその主張に対して、中国のコーヒー市場は巨大かつ公正な競争に開かれており、「他ブランドの誇大広告宣伝に関与するつもりはない」と応じている。

中国ではコーヒーの消費量が年15%で成長しており、2025年までに同国市場は1兆人民元に到達すると想定されている。Luckin Coffee が登場する以前から、他の〝ニューリテール〟のコーヒーブランドも中国で広がりを見せてきている。コーヒーのデリバリープラットフォームの Coffee Box(連珈琲)がシリーズ B+ ラウンドで1億5,800万人民元(約26.6億円)を調達した事例もある。

【原文】

【via Technode】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------