ようやく夏に公開されるMagic Leap、操作インターフェースが明らかに

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2018.7.29

magicleap
Above: Magic Leap One’s “Landscape.” Image Credit: Magic Leap

ピックアップ:
Magic Leap details what its mixed reality OS will look like
 – via TechCrunch

ニュースサマリ:空間コンピューティング・プラットフォーム「Magic Leap」の詳細が一部明らかになった。TechCrunchが報じた開発者向けドキュメントによるもので、この夏に出荷が予定されているMagic Leap One Creator EditionのUIに関するものになる。

話題のポイント:2011年創業で調達額の大きさばかり話題になったMagic Leapですが、ようやくゴール(というか製品)が見えてきたみたいですね。開発者向けのキットにはヘッドセット、ポータブルコンピュータ(腰に付ける小型PC)、ワイヤレスコントローラが含まれており、今回明らかになったのはAR環境でユーザーが利用できるインターフェース周りになります。

ヘッドセットはスクリーンによる密閉没入型ではなく透過している「はず」なので、外部世界を透かしてみながらこの操作インターフェースが見えるようになっている「はず」です。(実際見たわけではないので)さて、この世界観が実現したとしてどういう用途になるのか。そっちの方が楽しみです。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------