Makuake、韓国随一のクラウドファンディングプラットフォーム「Wadiz」と提携——日韓間で越境プロジェクト展開を相互支援

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.7.12

左から:マクアケ代表取締役の中山亮太郎氏と、Wadiz(와디즈)共同創業者兼 CBO のチェ・ドンチョル氏(최동철、英名:Dong Choi)

クラウドファンディングサイト「Makuake」を運営するマクアケは12日、韓国の同業である「Wadiz(와디즈)」と提携関係を締結したことを明らかにした。今回の提携関係は、日本と韓国間におけるクラウドファンディングキャンペーンの相互支援を意図したもので、資本関係は伴わない。

Wadiz は2012年5月の設立、投資型クラウドファンディングプラットフォームとしては、韓国金融委員会から2016年1月に正式認可を受け、現在、株式型とリワード型の2種類のクラウドファンディングサービスを提供している。これまでに支援したプロジェクト総数は約2,500件、合計300億ウォン(約30億円)以上。Wadiz で資金調達した有名プロジェクトには、完全代替食の「Lab Nosh」、ポータブル空気清浄機の「Clair」、ハンドメイド自動車製造の「Mohenic Garages」などがある。今後はシンガポール、マレーシアなどへの海外進出を計画中だ。

Makuake と Wadiz の両プラットフォームでは、これまでにも、日韓双方のプロジェクトオーナーらが自ら、両市場でクラウドファンディングキャンペーンを立ち上げるケースは散見された。両社では、KOTRA(韓国貿易投資振興公社)などからの働きかけを通じ Makuake と Wadiz の接点が生まれ、今回、提携関係の締結に至ったとしている。両社は関係企業と協力し、日本から韓国へ、および、韓国から日本へのキャンペーン展開、説明文やバッカーとのやりとりの翻訳、現地ロジスティクス、決済手段の提供などでプロジェクトオーナーに支援を行う。

これまでに、Makuake から Wadiz への紹介事案では、中身が整理しやすい長財布「Tidy( Makuake / Wadiz )」や、マイナス電子と音波振動で歯垢を除去できる歯ブラシ「ソラデーリズム」( Makuake / Wadiz )などがある。また、日本をテーマに扱ったものでは、映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の韓国語版制作・配給、愛知県岡崎市のグローブメーカー SAEKI の「オーダーメイドグローブ」などが Wadiz 上に掲載されている。

マクアケ代表取締役社長の中山亮太郎氏は THE BRIDGE の取材に対し、日本発のプロジェクトの世界展開を支援する上で今後、特にアジア地域とのリレーション拡大を強化していく方向性を示唆。現在、Makuake がベータ版として持つ英語版だけではローカリゼーションとしては不十分なため、各国の潜在パートナーや提携関係条件に応じて組み方を柔軟に考え、Wadiz との関係のような事例を増やしていきたい、と語ってくれた。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------