インドネシアのオートバイ購入プラットフォーム「Moladin」がシードラウンドで120万米ドルを調達、東南アジア全域に進出へ

by e27 e27 on 2018.7.27

Moladin

インドネシアのオートバイ購入 e コマースプラットフォーム Moladin は、East Ventures やマレーシアの Berjaya Group、イギリスの Ethos Partners から、チームの拡大と地域的成長のため120万米ドルの資金を調達したことを本日(7月12日)発表した。

2017年にローンチされた Moladin は、消費者がオートバイや自転車に関する情報を得たり、それらをオンラインで購入したりする手助けをする。同スタートアップは、40以上の販売業者、そして数多くのマレーシアの大手金融会社と提携を組み、消費者に様々なオプションと割引制度を提供している。

また、近隣のサービスショップを見つけるのに便利な、オートバイ・自転車利用者用のサービスショップオンライン一覧や、オートバイに関する質問を何でも質問・回答できるオンラインフォーラム、またスペア部品やアパレルに関するレビューを投稿できる場を提供している。

多様な決済方式を持つ同社はこれまでに100万米ドル以上の取引を行ってきており、毎月20~30%の率で成長しているという。

Moladin の共同設立者である Jovin Hoon 氏は次のように話している。

Moladin ができる前までは、販売代理店からオートバイを買うのはとても時間がかかり、厄介なことでした。消費者は販売代理店に2〜3回は行かないといけませんし、購入、支払、ナンバープレートの登録といった込み入った手続きをしないといけません。Moladin は、消費者に販売代理店へ足を運ばせることなく、全てのプロセスを行うことによってそうした面倒をなくします。Moladin の成長を駆り立てているもう1つのファクターは、Moladin が消費者に大きな割引を提供していることです。

East Ventures のマネージングパートナー Wilson Cuaca 氏は、次のように語る。

Moladin は販売業者や金融業者のネットワークと協働することで、オートバイの購入プロセスをスムーズにしてくれます。オートバイを買いたいと思っている人は、買うために遠くにまで出かけたり、長時間待ったりする必要がなくなります。Moladin の2018年5月の売上高は、1月のスタートから3倍に伸びました。これは、Moladin でオートバイを買う方たちから、同社への信頼が高まっていることを示すものです。オートバイ業界には成長の余地が十分にあります。より多くの人がオンラインでのオートバイ購入に馴染むにつれて、今後 Moladin のビジネスモデルはオートバイ市場で支配的になっていくと私たちは信じています。

East Ventures は、東南アジアと日本に焦点を当てるアーリーステージ向け VC 企業だ。ここ数年に渡り、同社は、インドネシア、シンガポール、日本、マレーシア、タイの数百もの企業に投資をしてきた。投資先企業としては、Tokopedia、Traveloka、メルカリ、Disdus (Groupon により買収)、Kudo(Grab により買収)、Tech in Asia、Omise、 IDNTimes、Ruangguru、Jurnal、Cermati、MokaPOS、ShopBack、EVHive、Pasar Polis、Loket がある。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------