マネーフォワード、ナレッジラボに約2億円を出資しグループ会社化——会計クラウド+経営分析クラウドで、中小企業の収益向上を支援

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.7.5

左から:ナレッジラボ代表取締役の国見英嗣氏、マネーフォワード代表取締役社長 CEO の辻庸介氏
Image credit: Masaru Ikeda

会計 SaaS 提供のマネーフォワード(東証:3994)は5日、都内で記者会見を開き、経営分析クラウド「Manageboard(マネージボード)」を提供するナレッジラボに約2億円を出資し、グループ会社化すると発表した。マネーフォワードによるナレッジラボの株式持分は51%。今回のグループ会社化を通じて、マネーフォワードは、中小企業の収益向上実現を目的とした事業領域の拡大、会計事務所へのツールやノウハウ提供、両社でビジョンの実現をさらに推進したいとしている。

今年1月にローンチした Manageboard は、主な機能として、予算実績分析(予実分析)、キャッシュフロー予測、AI 監査(仕訳・試算表チェック機能)を提供するクラウドサービス(ただし、AI 監査機能は今夏リリース予定)。中小企業にありがちな非効率な会計業務、会計知識の不足、不十分な予実管理といった問題について、マネーフォワードではMF クラウドユーザをはじめとする中小企業に対し Manageboard を提供、中小企業の収益向上にコミットするとしている。

会計クラウドサービスによる中小企業向けの経営管理・経営支援サービスとしては、今週 freee が予算・実績管理機能(予実管理)サービスの提供を発表している。一方、マネーフォワードは昨年8月の上場以降、マネーフォワードは新事業の構築に積極的だ。9月にはモバイル貯金アプリの「しらたま」をリリース、11月にはクラウド型自動記帳サービス「STREAMED」を提供するクラビス買収している。またそれ以前にも、昨年6月に企業間後払い決済サービス提供に向けた子会社「MF KESSAI」を設立している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------