スマートロックのQrio、新商品「Qrio Lock(キュリオロック)」を発表——ハンズフリーでの自動施錠・解錠など、従来モデルからUXを大幅改善

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.7.5

左から:Qrio Lock 事業部部長 兼 マーケティング部部長 高橋諒氏、Qrio 代表取締役 西條晋一氏、Qrio 取締役/ソニーネットワークコミュニケーションズ IoT 事業部門ビジネスプラットフォームサービスシステム課課長 井宮大輔氏
Image credit: Masaru Ikeda

スマートロックを開発する Qrio(キュリオ)は5日、都内で記者会見を開き新商品「Qrio Lock(キュリオロック)」を発表した。同社の初代モデル「Qrio Smart Lock」の発売からは約3年を経て、また、2017年6月に Qrio がソニーグループの100%子会社となって以来、初の新製品投入となる。

Qrio Lock では、Qrio Smart Lock と比べ、主に次のような点で改善がなされている。

  • 対応するドアロック・サムターンの対応種類が拡大
    10%の低背化(小型化)
  • スマートフォンを操作してから、スマートロックが動作するまでの反応速度が従来の8分の1に
  • ドアに2つのロックがついている場合、2つのロックを同時に操作可能(1操作でサムターン2つを同時回転)
  • 製品カラーがシルバーからマットブラックに
  • アプリの UI を一新(より直感的に操作ができるように改善)

また、実際のユースケースにより最適化された UX を実現するために、Qrio Lock ではスマートフォン以外からの操作もできるようになった。

Qrio Lock
Image credit: Masaru Ikeda

クルマのリモコンキーのような「Qrio Key」というオプション製品が用意され、スマートフォンを持たない家族が家に入ろうとしたとき、Qrio Key を操作することで解錠することが可能となる。Qrio Key は2018年8月からの発売予定。

ハンズフリー状態での自動施錠・解錠にも対応した。Qrio Lock はビーコンを内蔵しており、Qrio アプリがインストールされたスマートフォンを持ってユーザが外部から近づくと自動解錠(アプリが GPS 連携しており、ユーザがスマートロックから一度100メートル以上離れることで、外出先からの帰宅と認識され自動解錠される)。ドアにマグネットセンサーを装着することで、解錠・入室後のオートロックが可能となる。

Qrio Lock は、Amazon、全国の家電量販店、Qrio Store で7月19日から発売される予定で、直販の場合の価格は23,000円(税抜)。Amazon と Qrio Store では本日から事前予約を開始している。Qrio Store で事前予約したユーザには、先着500名に限り売価4,500円相当の Qrio Key が無料進呈される。

スマートロックを開発するスタートアップは百花繚乱の様相を呈している。今年5月には、Akerun は入退室管理ビジネスで本格的な B2B ビジネスに参入、ライナフの Ninja Lock は不動産内覧や賃貸会議室の自動施錠・解錠で事業化を図り、tsumug の TiNK は不在時家事サービスとの連携やメルカリのバイクシェアリングサービス「メルチャリ」への導入などを発表している。ハードウェアとしてのスマートロックがコモディティ化する中で、いかに差別化されたユーザエクスペリエンスを提供できるかが重要なカギとなるだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------