「ホテル番付」と「MagicPrice」を提供の空(そら)、約1.7億円を資金調達——プライシング技術をホテル業界以外にも適用へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.7.12

空のチーム
Image credit: Sora

ホテル番付」と「MagicPrice」を提供するスタートアップ空(そら)は12日、直近のラウンドで約1.7億円を調達したと発表した。調達ラウンドは不明。このラウンドに参加したのは、ベンチャーユナイテッド、福岡銀行系 VC の FFG ベンチャービジネスパートナーズ、エースタート、マネックスベンチャーズと、匿名のエンジェル投資家数名。

空はこれまでに、2016年7月にシードラウンドで約2,000万円、2017年10月に8,000万円を調達している(調達ラウンドは不明)。今回のラウンドをあわせると、創業期からの外部資金調達金額は総額で約3億円程度となる。

空では調達した資金を使って、ホテル番付と MagicPrice の機能強化と導入促進を図り、独自アルゴリズムを使ったプライシング技術を、ホテル業界以外にも事業展開を行うとしている。また、あわせて、これまで活動拠点としていた東京・原宿のベンチャーオフィスから、有楽町にあるシェアオフィスに活動拠点を移すことも明らかにした。

Infinity Ventures Summit 2018 Winter in 金沢の LaunchPad でピッチする松村大貴氏
Image credit: Masaru Ikeda

空は2015年、ヤフーでアドテク関連の業務に従事していた松村大貴氏らにより設立。2016年3月に TECH LAB PAAK 第3期デモデイでコロプラ賞を獲得、2016年7月に Incubate Camp 9th への参加チームに採択、2016年8月に 500 KOBE PRE-ACCELERATOR への参加チームに採択されている。

ホテル番付は昨年8月に開始したプラットフォームで、ユーザであるホテルオーナーは周辺の競合ホテルと比較して、同じ日に各ホテルがどのくらい予約され、売上があったのかを知ることができる。インターネット上に公開されている客室価格と販売室数を用いた計算により、毎日2万軒以上のホテルのデータが自動算出されている。

同社によれば、これまでにホテル番付を導入しているホテルは1,500軒以上(2018年4月現在)。今年4月には、ホテル番付をツール型からエージェント型に移行することを発表、また、MagicPrice についても今後、ツール型からエージェント型への移行を検討するとしていた。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------