Taobao(淘宝)のセレクトショップ「Taobao Xinxuan(淘宝心選)」、実店舗2号店を上海で開店へ

by TechNode TechNode on 2018.7.11

Taobao Xinxuan(淘宝心選、直訳では「Taobao Selected」)は、6月28日に従来型店舗の第2弾を上海でオープンした。店舗サイズは230平方メートルで、店舗デザインの段階から製品陳列まで、オープンには30日しかかからなかった。

新販売チャネル「Taobao Xinxuan」と製品ライン

Taobao Xinxuan は Alibaba(阿里巴巴)傘下の Taobao(淘宝)の系列ショッピングチャネルであると同時に製品ラインでもある。Taobao は手頃な価格で質の高いライフスタイルと機能的な日常雑貨を提供する。品揃えには家庭用芳香剤、スマートパワーソケット、下着、ソニックコントロール歯ブラシなどがある。たとえば、アルミ製の26インチ・ローズゴールドスーツケースの現在価格は404.9元だ。

Xinxuan の公式サイトによると、事業所在地は嘉興市で、Alibabaの杭州本社群の1つである浙江本社と同じ地域にある。ここは倉庫など Xinxuan の主要物流インフラストラクチャーがある場所の可能性が非常に高い。

Xinxuan のリアル店舗1号店は2ヶ月前に杭州で開店した。この立地はコスト管理を最適化し、中国の長江デルタ地域に近い。同地域は軽工業や商業が集まり中国で最も潤っている地域の1つである。地元メディアによれば、熱心なお客により開店から2時間で店舗の商品はほぼ売り切れになったという。

Taobao Xinxuan(淘宝心選)1号店
Image credit: Zhejiang Magazine(浙商雑誌)

中国製の製品に加え、Xinxuan ストア(オンラインとオフラインの両方)は日本と北欧など他地域からの輸入製品も提供している。

ニーズに応えるかライバルと戦うか?

皮肉なことに、中国のeコマース市場のリーダー Alibaba が背後に控え Taobao Xinxuanのようなものは中国初ということではない。2016年にローンチされた NetEase Yanxuan(網易厳選、直訳では「NetEase Selected」)は中国で品質の良い製品を手頃な価格で提供するという分野における最初期のパイオニアの1つだ。昨日、Taobao Xinxuan  の1周年記念とその記者会見の場で Alibaba のビジネスモデルが初めて公になった。

Tabao Xinxuan は昨年1年間は内部的なアルファテスト(内測)だったと話す。Taobao Xinxuan と NetEase Yanxuan 両企業は、OEM や ODM と直接つながることで、デザインや製造、チャネル、消費者セグメントなどの鍵となるリソースを手に入れ、代替市場を創り出し、さらには手頃な価格で消費者に利用可能なショッピングオプションを改善することを望んでいる。

Taobao Xinxuan は、Alibaba の強力なeコマースのビッグデータとリソース配分の自然な延長線とみることもできる。今までは数ヶ月かかったような市場調査が今や10分でできるのだ。各種アルゴリズムの開発や Alibaba のエコシステムの統合が進むにつれて、消費者プロファイルや市場の嗜好の計算は、新規セグメントや分類に関するより詳細な分析や示唆を生成している。

どんな事業も競争自身が目的であったり、競合に対する懸念のために存在するわけではない。企業は自らの生き残りを重視しており、ほとんどの場合で強ければ強いほどより安全なのだ。

【原文】

【via Technode】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------