中国の清華大学、AIリサーチセンターを開設する計画——アドバイザーにGoogleのAIチーフを指名

by VentureBeat ゲストライター VentureBeat ゲストライター on 2018.7.6

Tsinghua-University
北京で開催された Google の AI シンポジウムで、AI センターの開設を発表する清華大学。
Image Credit: Tsinghua University

本日(6月28日)、北京で開催された Google の AI シンポジウムで、清華大学は人工知能の研究開発センターを中国で開設する計画を明らかにした。関連の発表で、同大学のコンピュータサイエンス諮問委員会に Google の AI チーフ Jeff Dean 氏が就任することも明らかになった。

同大学の発表によれば、中国科学院長の Bo Zhang(張波)博士とチューリング賞受賞の Andrew Chi-Chih Yao(姚期智)博士が率いる清華大学人工知能研究所は、新たなタイプの AI ハードウェアとコアアルゴリズムに特化し、Tencent(騰訊)や Horizontal Robotics(地平線)などのハイテク企業と協業していく予定だという。

また、2017年12月に北京で AI センターを開設した Google とも緊密に協力する予定だ。マウンテンビューを本拠とする Google は既に、北京大学や中国科学技術大学、同地域のその他の研究機関と連携している。

清華大学の Qiu Yong(邱勇)学長は声明で以下のように述べている。

今日の AI 開発はまだ本質的な理論的枠組みを必要としており、理論面の革新なくして発展はありえません。AI 研究の一員として、大学は基礎研究の探究という点で独自のアドバンテージがあります。

清華大学の発表は、中国が AI 研究に多額の投資をしている時流に乗っている。2017年には、中国国務院は2030年までに中国が「世界の主要な AI イノベーションセンター」となることを目指す意欲的な政策の青写真を発表しており、1,500億米ドル相当の規模となりうることが見込まれている。

CB Insights によると、中国における今年の AI 関連の特許出願件数は、2010年から2014年の間の出願件数に比べて3倍に増加しており、過去6年間で AI のスタートアップは45億米ドル超を資金調達している。2018年初頭には、中国のスタートアップ SenseTime(商湯)が6億米ドルを調達している。この資金調達ラウンドをリードした Alibaba(阿里巴巴)は、45億米ドルの潜在価値があると SenseTime を査定している。

最近になって中国政府は21億米ドルを投じて北京に AI テクノロジーパークを建設する計画を発表した。そして、北京から数時間のところに位置する天津市では、AI 開発の支援を目的とする50億米ドルのファンドを開設した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------