モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」と、スマホで開け閉めできる受渡しIoTロッカー「SPACER」が業務提携

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.8.29

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」を運営するピーステックラボと、スマホで開け閉めできる受渡し IoT ロッカー「SPACER(スペースアール)」を運営する SPACER は、両社が業務提携したことを明らかにした。

ピーステックラボは今秋 Alice.style のローンチを予定しているが、SPACER との提携により配送料や時間の調整の要らない、匿名でのレンタル品の受け渡しが可能になるという。両社は今後共同で「旅行者の当日必要なものを Alice.style でレンタルして現地の SPACER で受け取り」や「商店街のレンタルなど地域コミュニティのマッチングを Alice.style で構築し、待ち合わせの要らない匿名受け渡しを SPACER で行う」など、地域シェアリングと近接匿名取引を展開するとしている。

両社はプロトスターが運営するシードアクセラレータ「StarBurst(スターバースト)」に参加、26日に開催された第5回デモデイでは、ピーステックラボが準優勝とネットプロテクションズ賞を、SPACER が IBM BlueHub 賞を獲得した。両社のビジネス成長におけるステージが似ていて、同じアクセラレータに所属したという良縁と、相互補完の関係が形成できるという偶然の組み合わせから、今回の業務提携に至った。

<関連記事>

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------