いつでも社食が食べれる「オフィスおかん」が総額7億円を調達、サービス拡大へ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.8.7

「オフィスおかん」を運営するおかんは8月2日にグローバル・ブレイン、楽天、YJ キャピタル、みずほキャピタル、SMBC ベンチャーキャピタルを引受先とする増資の公表をしている。調達した資金は総額約7億円で、同社の累計資金調達額は約10億5000万円となった。

運営する『オフィスおかん』はオフィスに冷蔵庫と専用ボックスを設置し、1品100円で購入できる食事提供サービス。従来の社食と比較して、低コストで食にかかる福利厚生を充実することができるほか、従業員が企業や組織の中で体験する経験価値「エンプロイー・エクスペリエンス(EX)」改善ツールとしても活用されている。

2014年3月のサービスリリース以降、売上の成長率は毎年2倍を超え、導入企業数は全国累計で約1200社に到達した。オフィスだけでなくクリニックや美容院、また、商業施設や工場など様々な場所で導入されている。

今回の資金調達によりマーケティングやシステム開発を推進するほか、新規事業への投資も実施するとしている。

via 株式会社おかん

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------