言語学習アプリ「POLYGLOTS」開発・運営元、九大系QBキャピタルなどから6,500万円を調達——学習者毎のカリキュラムAI最適化機能を開発へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.8.9

POLYGLOTS
Image credit: Polyglots

日本人向け英語学習アプリの「POLYGLOTS」、外国人向け日本語学習アプリの「MONDO」を開発するポリグロッツは9日、シリーズ A ラウンドのフォローオンで6,500万円を調達したことを明らかにした。このラウンドは九州大学系 VC である QB キャピタルがリードし、PE&HRパイプド HD(東証:3919)、 Robert T. Huang 氏らが参加した。

これはポリグロッツにとって、2015年3月および12月にそれぞれ実施した、East Ventures およびヒトメディア(East Ventures からは約3,500万円を調達、合計調達金額は不明)からのシードラウンド調達、2016年12月に実施した Robert T. Huang 氏らアメリカ拠点の4人の個人投資家からのシリーズ A ラウンド調達(数千万円台)に続くものだ。

Huang 氏は IT 企業向けサプライチェーンマネージメント大手 Synnex(NYSE:SNX)の創業者で、起業家育成に積極的であり、彼の母校である九州大学には彼の名前を冠したアントレプレナーシップ・センターが設置されている。今回のラウンドでリードインベスターを務めた QB キャピタルの出資参画にも、Huang 氏の働きかけがあったものと考えられる。

ポリグロッツは2014年に「POLYGLOTS」、2015年7月に「MONDO」をそれぞれローンチしている。BBC などニュースメディアとの提携により、時事ネタを使った言語学習ができるのが特長だ。 ローンチから4年を迎えた POLYGLOTS はユーザ数100万人を突破、アプリ上での自学習に加え、先生とのオンライン/オフラインレッスンができる英語学習アプリへと進化を遂げた。POLYGLOTS ユーザのうち、TOEIC/TOEFL 受験者の94%が POLYGLOTS 利用後に TOEIC/TOEFL のスコア向上を達成しているという。

今回の調達を受けて、ポリグロッツではこれまでに蓄積した学習者の学習履歴データ、学習コンテンツ、先生とのレッスンを融合し、学習者一人一人に最適化されたカリキュラムを AI が自動生成する機能を開発する計画だ。今回のラウンドで出資参加したパイプド HD 傘下のシステムインテグレータであるパイプドビッツは、機械学習ソリューションを開発しており、POLYGLOTS の機能拡張において一定の役割を担うことが期待される。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------