リハビリ計画効率化SaaS「リハプラン」が1億円を調達、約半年で利用介護事業者は100件に

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2018.8.10

rehaplan.png

介護事業所向けのSaaS「リハプラン」を提供するRehab for JAPANは8月10日、第三者割当による増資の実施を公表した。引受先となったのはI​F Lifetime Venturesとキャピタル・メディカベンチャーズの運用するファンドで、調達した資金は約1億円。

2017年2月から今年7月までの期間に実施した増資で、調達したラウンドはシードとシリーズAの2回に分かれている。それぞれの詳しい日付や出資比率などは公開されていない。

同社が提供するリハプランは介護事業者向けのサービスで、個別機能訓練加算に必要な機能訓練のプログラムや計画書の作成支援をしてくれるもの。

デイサービス(施設に通いながら要介護者が受ける食事や機能訓練などのサービス)の機能訓練指導員が手がけるリハビリプログラムの内容を、要介護者ごとの身体状況や生活内容に応じて自動的に提案してくれる。用意されている運動プログラムは1800種類以上で、グラフ化するなどして状況を把握しやすくしてくれる。

rehaplan_001.jpg

また、同社にはリハビリを専門職とする人員を配置しているため、リハビリ職が不在のデイサービス事業者も個別機能訓練加算に必要なサポートを受けることができる。月額利用のモデルで事業所の規模に応じて1万4800円から5万4800円の利用料金がかかる。

リハプランの公開は2018年2月。導入実績は7月時点で100事業所を超えており、サービスを通じて利用している要介護者の数は5000名に到達してる。同社は今回の調達で組織体制の強化を進める。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------