ベトナムのC2C向けeコマースポータル「Sendo」、シリーズBでソフトバンク、SBI、BEENOS、BEENEXTらから5,100万米ドルを資金調達

by Tech in Asia Tech in Asia on 2018.8.29

Softbank や SBI グループなどの大手企業が、急成長を見せるベトナムの e コマース市場に出資し、大きな賭けに出た。

ホーチミン市に拠点を置く Sendo は、シリーズ B ラウンドで5,100万米ドルの資金を獲得した。同ラウンドは日本の金融サービス大手、SBI グループがリードした。

他の出資企業として、SoftBank Ventures Korea や BEENOS、姉妹企業である BEENEXT などが参加している。

Sendo によると、調達した資金は同名の消費者間取引(C2C)向けポータルサイトの改善、企業対消費者取引(B2C)の新マーケットプレイス「SenMall」のローンチのために使われるという。

また、モバイルウォレット・デジタル決済プラットフォーム、SenPay の利用者拡大にも充てられる予定だ。

Sendo は個人のベンダーや小規模起業家、零細企業のオンライン販売、ベトナム国内における格安配送の支援を目的としている。これまで、63の省で30万以上の販売業者、数百万のバイヤーにサービスを提供しているという。

とりわけ、ハノイやホーチミン市を除いた第2級の都市エリアをターゲットとしており、その人口はベトナム全人口(約9,500万人)の74%を占めると言われている。

総流通総額(GMV)は年換算で3億3,000万米ドルに達し、2020年までに10億米ドルを上回ると同社は予想している。

ベトナムの e コマース市場において Sendo は昨年、およそ11%のシェアを獲得したことが iPrice の調査で明らかとなった。なお、トップに立っているのは Lazada で、シェア19%である。

シリーズBラウンドでは、新たな出資企業として大和 PI パートナーズや  SKS Ventures が参加。以前の支援者である eContext Asia や FPT Group も参加した。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------