バブル含みの中国スマートスクーター製造「Niu Technologies」、創業4年での米国IPOは9500万ドルに落ち着く

by TechNode TechNode on 2018.10.11

A Niu electric scooter from China: Niu Technologies sets terms for $95 million US IPO via Nasdaq

ニュースサマリ:スマートスクーターを手がける「Niu Technologies」は10月9日、米国にてIPO条件を公表した。北京に本社を置く同社は830万ドル分のADR(米国預託証券)を発行し、9500万ドルを調達する計画だ。予定価格は10.30ドルから12.50ドル。Niuの既存株主であるGGV Capitalは今回の売出しに対して1000万ドル分の投資を計画している。

話題のポイント:Niuが予定していたIPOの噂はどうやらバブル含みだったようだ。というのも今年7月の当初、同社は3億ドルのIPOを申請すると噂されていた。しかしその後、9月下旬に提出された最初の目論見書に書かれていたのはその半額、IPOによって1億5000万ドルを調達する予定となっていたのだ。それでも今発表した価格よりも更に30%以上高い。

Niu Technologiesは2014年創業。現在、中国最大の電子スクーターメーカーの1つとされる。昨年度の売上高は1億1600万ドルの一方、黒字化はしていない。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------