NY発のMaven Clinic、シリーズBラウンドで2,700万米ドルを調達——全米で母乳配送サービスを展開、出産後の女性を支援

by Khari Johnson Khari Johnson on 2018.10.10

Hero_Image
Image credit: Maven Clinic

Maven Clinic は9月26日、2,700万米ドルの資金調達ラウンドを完了したと発表した。子どもが生まれた母親のため、全米で母乳を配送する。

この配送サービスは Maven のデジタルプラットフォームを補完するために創設された。このプラットフォームでは、不妊治療や養子縁組のほか産後うつや精神疾患、医師の紹介、動画を使ったヘルスケア専門家との予約まで各種サービスが提供されている。

Maven が注力しているのは企業向けの特典としてのサービス提供だが、スマホアプリを使えば個人ユーザでも利用できる。

母乳を従業員に提供することで、企業は人材を確保し、母親を職場にとどめておけるようになると同社 CEO の Kate Ryder 氏は VentureBeat とのインタビューで語った。

職場にいる母親が母乳を絞り出してから出張に行き、子どもがその母乳を必要としているときに利用できるサービスです。出張をキャンセルしたり、長い時間ストレスを抱えたりすることなく、母親は母乳を子どもに届けてあげることができるのです。

母乳配送サービスの恩恵を受けている企業にはIBM(2014年開始)Twitter(2015年)などがある。Goldman Sachs は先月、イギリスで自社従業員にこのサービスを追加した初の企業となったと Independent 紙が報じている。同社のアメリカ従業員もこの特典を受けられる。

Maven Clinic は2児の母親である Ryder 氏によって2014年に設立された。

母乳配送により顧客企業手助けしている同業他社には、同じく母親が起業した Milk Stork があるほか、Spring Health なども、自社の女性向け健康保険の特典を予測AIに集中させている。

2,700万米ドルの調達ラウンドをリードしたのは Sequoia Capital と Oak FC/HT だが、Female Founders Fund、The Box Group、Spring Mountain Capital、8VC などの既存投資家も参加した。

今回の投資を受け Sequoia Capital パートナーの Jess Lee 氏と Oak FC/HT パートナーの Nancy Brown 氏が Maven Clinic の取締役会メンバーとなる。

Maven Clinic はこれまでに4,200万米ドルを調達している。従業員数は50人、ニューヨーク市を本拠としている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------