会員制パン宅配サービスのパンフォーユー、複数投資家から資金調達——プラットフォーム化に伴いMBOを実施、オフィス向けサービスも開始

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.10.2

panforyou-kenta-yano
パンフォーユー 代表取締役 矢野健太氏

群馬・桐生に本拠を置く会員制オーダーメイドパン宅配サービス提供のパンフォーユーは2日、複数の投資家から資金調達を実施した。調達ラウンド、調達金額は開示されていないが、エンジェルラウンドで約1,300万円程度と見られる。

この調達に参加したのは、F Ventures のほか、紀信邦氏(ゆめみ監査役)、佐藤裕介氏(ヘイ代表取締役社長)、正林真之氏(正林国際特許商標事務所所長)、千葉久義氏(エンジェル投資家)、山口豪志氏(54)の個人投資家5名。

panforyou-freezerパンフォーユーは設立当初は製造1社体制(スタイルブレッド)だったが、その後、複数のパン工場/パン屋のパンを取り扱うプラットフォームに業態が変化したことに伴い、調達した資金を使って MBO を行う。同社では MBO により、中立性を保った状態で、複数のパン工場/パン屋との取引関係を維持できるとしている。

パンフォーユーは2017年1月に創業。当初は、パンの原料を選んで冷凍パンを届けてもらえるオーダーメイドサービスを展開する事業としてスタートした。今年に入り、複数のパン工場/パン屋のパンを扱うプラットフォームへとサービスをピボットした。

家庭向けの需要に加え、先月からはオフィスにいる社員向けにパンを届ける「パンフォーユー・オフィス」をスタート。オフィス向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」の冷蔵庫のように、パンフォーユー・オフィスの場合はオフィスに冷凍庫を配置し、オフィスの社員は好きなときに好きなパンを、レンジして焼きたてのおいしさを味わえる。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------