ウェブでチェックした商品のお得情報がアプリのプッシュで届くーーReproがウェブ向けツール公開、「アプリ連動マーケ」を実現

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2018.10.4

アプリマーケティングを手がけるReproは10月4日、ウェブ領域のマーケティングサービス「Repro Web」の提供を開始した。利用料金は月額10万円からでサイトの規模に応じて変動する。

同社のアプリ向けマーケティングツール「Repro」はユーザーの行動や属性データからプッシュ通知、アプリ内メッセージなどを通じてマーケティングを効率化してくれるSaaS。世界59カ国、5000件以上の導入実績があるとしている。このウェブ版が「Repro Web」になる。

単体での利用も可能だが、公開当初は主にアプリでの利用実績がある企業への導入を中心に進める。同社代表取締役、平田祐介氏の説明ではアプリとウェブを連動することでより効果的なマーケティングが実現するという。これまでであれば、ウェブとアプリ両プラットフォームにサービスを展開するコマース事業者は、Reproを活用してもアプリのみのマーケティング施策しか展開できなかった。

しかし「Repro Web」を併用することにより、ウェブで商品を見たユーザーの情報をそのままアプリ側のReproでも引き継ぐことができるようになる。

例えばコマースサイトである商品を見てお気に入り登録したユーザーは、その商品がお得に買えるタイミングでスマホアプリからプッシュ通知でお知らせしてもらえるようになる。つまり、検索流入による獲得と、プッシュ通知などアプリで効果が実証されているマーケティング施策を組み合わせることができるようになる、というワケだ。これらは全てReproが提供する一つの管理画面で確認ができる仕組みだ。

なお、ウェブとアプリのユーザーを同定する方法はcookieとアプリユーザーのIDを紐づけることで実現するそうなので、この方法を実現するにはアプリ側でもReproを利用している必要がある。Repro Webは今年6月からクローズドベータの提供を開始しており、人材事業のディップやGMOペパボの運営するminneなどへの導入が決定している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------