オンライン資格試験サービス「資格スクエア」運営のサイトビジット、AIスタートアップのGAUSSと宅建士試験出題予測サービスを開発・無料提供

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.10.10

shikaku-square-miraimon_featuredimage
Image credit: Sightvisit

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットは、AI スタートアップの GAUSS と共同で AI による宅建士(宅地建物取引士)試験出題予測サービス「未来問」を開発し、9日20時から提供を開始した。今年度の宅建士試験は10月21日に予定されており、受験者への準備支援として、「未来問」を資格スクエアのユーザと一般ユーザに無料で提供する。

shikaku-square-miraimon-procedure
「未来問」の模試作成・出題予測のプロセス
Image credit: Sightvisit

サイトビジットでは、平成1年~平成29年までに実際に出題された29年分の過去問題1450問を教師データとして AI に学習させ、そこから2段階のプログラムを経て今年度出題されるであろう問題を50問作成した。過去問題をもとに出題予測を繰り返した結果では出題的中率70%を記録しており、今年度の宅建士試験でも同程度の的中率が見込めるとしている。

サイトビジットと GAUSS は今後、宅建士試験以外の資格試験向けにも「未来問」で培った技術と知見をもとに模試作成・出題予測サービスを開発・提供する予定だ。

shikaku-square-miraimon-dev-mtg
「未来問」開発会議の様子
Image credit: Sightvisit

Via Sightvisit

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------