福岡のSaaSスタートアップSETE MARES、予実管理分析クラウド「KINCHAKU」のオープンβ版をローンチ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.11.7

左から:Mykyta Shevchenko 氏、藤本雅之氏、Besedin Dmitriy 氏
Image credit: Sete Mares

福岡に拠点を置く SaaS スタートアップの SETE MARES(セッティ・マーリス)は7日、予実管理分析ツール「KINCHAKU」のオープンβ版をローンチした。従来、スプレッドシートで管理されてきた予実情報を、会計などの専門知識が無くても管理・分析をを可能にする。

SETE MARES は今年7月、共に XSHELL 出身の Besedin Dmitriy 氏と Mykyta Shevchenko 氏、かっこ出身の藤本雅之氏により設立。前職でいた東京を離れ、昨今のスタートアップコミュニティの盛り上がりを受けて、活動拠点を福岡市内に移しての新スタートアップへの挑戦だ。

予実管理ツールはこれまでにもいくつか存在するが、KINCHAKU では AI を使って、評価・分析後のネクストアクションの提案を行うことを目標としている。CSV でのデータ読込機能に加え、来年にはサードパーティーの会計ツールと連携し、実績データを API 経由で自動的に取り込む機能を実装する計画だ。

この分野では、7月にマネーフォワードがグループ会社化した「Manageboard(マネージボード)」を提供するナレッジラボ、先月末に1.5億円を資金調達した「DIGGLE」を提供するタシナレッジなどが競合となる。

via Kinchaku Beta

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------