山田氏に聞く、メルカリの軌跡・出会いと成長【THE BRIDGE Fes】

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2016.1.26

member
早稲田大学在学中に、楽天株式会社にて「楽オク」の立上げなどを経験。卒業後、ウノウ設立。「映画生活」「フォト蔵」「まちつく!」などのインターネット・サービスを立上げる。2010年、ウノウをZyngaに売却。2012年退社後、世界一周を経て、2013年2月、株式会社メルカリを創業。

長らく準備をしてきた2月19日のTHE BRIDGE Fes、いよいよステージプログラムデモピット参加スタートアップの紹介を始めたいと思います。

スピーカーとして最初にご紹介するのは、メルカリの山田進太郎さんです!

お昼1時からのステージに登場してくれることになりました。今でこそ取材対象としてお話を聞かせてもらっていますが、ウノウ創業期の「フォト蔵」や、ミクシィで大いに盛り上がった「まちつく」などの時期は、私もユーザーとしてサービスを楽しんでいる側の一人でした。

彼と出会ったのはウノウ売却後のこと。近しい同年代の起業家の中で、まだ取材に慣れていない頃の私にも気さく声を掛けてくれたのをよく覚えています。そして彼が世界一周から帰国し、2013年2月に設立したコウゾウ(現メルカリ)として初となるC向けサービスを紹介するから、と連絡をもらった時に書いたのがこれでした。

<参考記事>

あれから2年半。

彼の周りには多くの人が集まり、今年に入って同じく同時期を走り抜けるBASEに出資するという、ここ数年のスタートアップとは全く違う角度での成長を見せてくれています。そしてこのメルカリの勢いを支えるのが首脳陣の層の厚さです。先日の記事にもこのように書かせてもらいました。

山田氏と小泉氏の話によればメルカリは現在、日米合わせて230名ほどの陣容に拡大している。中でも際立つのがテクノロジーに強い人材たちだ。創業者である山田氏をはじめ、取締役の富島寛氏と石塚亮氏の3名は共に経営経験を持った技術者であり、現在、執行役員CTOの柄沢聡太郎氏や冒頭の長野氏など、他社がみると誰もが羨むようなエンジニアたちが次々とメルカリの門を叩いている。

イベント当日は山田さんが出会い、共に成長をしてきた首脳陣たちの面々を辿りつつ、その時々の成長のエピソードを会場にお越しのスタートアップ起業家諸氏、参加者のみなさんに共有してもらう予定です。

今回のセッションは私も楽しみで、僭越ながら聞き役として一緒にステージに上がらせてもらいます。皆様のご参加をお待ちしております。

ということでおしらせ:2月19日開催のTHE BRIDGE Fes、チケット価格が半額になる早割は1月末までです。スタートアップ会員の方は無料ですのでこちらからお申し込みの上、無料チケットを獲得してください!

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------