スマートフォンの文字入力がこれまでより賢く楽に!AIを使った予測変換が登場!

IO株式会社 on 2017.1.13

こちらの内容はPR TIMESから配信されるプレスリリースとなります

IO株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:石本光明)は、Android用アプリストアGoogle Play ストア‎およびiOS用アプリストアAppStoreにて提供しているキーボードアプリに、AIを使った予測変換の機能が追加されたことをお知らせします。それに伴い2017年1月13日、本アプリの名称が「みんなの顔文字キーボード」から「 flick 」(フリック)に変わりました。

【アプリの概要】
本アプリはiOSおよびAndroid向け文字入力ソフトウェアです。iOS版、Android版ともにGoogle 日本語入力のオープンソース版であるMozcを使用し、賢い漢字変換を実現しています。文字入力の機能だけでなく、100万種類を超える顔文字が搭載され、動画や写真を使ってカスタマイズできるのも本アプリの特徴です。

【AI変換】
これまでの日本語入力は連接する単語の品詞などを考慮した変換を行い、その仕組み上、任意の文章や文の全体で出現しやすい単語などを考慮した変換を行うことができませんでした。
本機能ではChainerを使用し、インターネット上に広く公開されているテキストをリカレントニューラルネットワークに学習させることで、文脈を考慮した変換候補を出すこと実現しています。

一般的な変換とAIを使った変換の比較

例えば、”今日のランチはハンバーグをレストランで食べる”という文章を入力する時、”レストランで”まで入力すれば”た”と打たなくても”食べる”という候補が表示されます。この文章全体を入力する場合、従来方式では24回のフリック操作が必要となりますが、AI変換を使用すると8回のフリック操作で入力することができます。つまり本機能を有効にすると、より少ないフリック操作で入力したい単語が候補として表示されるため、文字入力を今までより快適におこなうことができます。スマートフォンでのフリック操作を使った文字入力に慣れていない人にとっても有用な機能となります。

■ 本システムの運用とプライバシーについて
本機能におけるAIは、IO株式会社が日本国内のサーバーで運用しています。入力内容はAIが処理し人が閲覧することはありません。AIが利用した情報は日本国内のみで処理を完結させ利用後、速やかに破棄します。

【その他の機能】
■ 顔文字機能
顔文字やアスキーアートが100万種類以上登録され、随時更新されるので時事ネタなども豊富です
■ テーマ機能
画像や動画を使って自分だけのキーボードを作れます

【アプリのダウンロード】
タイトル:flick
対応OS:iOS 9.0 / Android 4.0以降
価格:無料(AI変換:有料)
App Store : https://itunes.apple.com/jp/app/id923138396
Google Play : https://play.google.com/store/apps/details?id=info.justoneplanet.android.inputmethod.japanese
※Android版では現在、開発版として本機能を提供中です。数日中に一般公開する予定です。

【本件お問い合わせ先】
IO株式会社 広報担当 : 丸山
TEL : 050-5582-5120
Email : [email protected]

【会社概要】
会社名 : IO Inc.(読み方:アイオーインク)
代表取締役 : 石本 光明
本社 : 東京都豊島区
設立 : 2013年10月7日
事業内容 : flick の企画・開発・運用

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース