現役慶應生がInstagram公式APIを活用したグルメサービス「Tastime(テイスタイム)」をリリース

by 株式会社TripBox on 2017.3.22

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

食べログやぐるなびはもう古い

インスタ映えする飲食店が簡単に見つかる女性向けグルメサービス。
iOS版をApp Storeにて配信中。https://itunes.apple.com/us/app/tastime/id1163981024?mt=8

Tastime(テイスタイム)とは

Tastime(テイスタイム)は、Instagramの公式APIを取得しているグルメサービスです。

インスタ映えする飲食店が見つかる

Instagramに載っている内装、外装、食事の写真からインスタ映えする写真が撮れる飲食店が見つかります。

お店の雰囲気や食事の写真を見るだけでなく、そのお店に合った加工の仕方やハッシュタグの種類なども

投稿する際の参考にすることができます。

世の中のトレンドをチェックできる

Instagram内でのポスト数を集計、計算しているので人気のお店や流行りの飲食店が見つかります。

既存のグルメサービスのような口コミによる評価点ではなく、Instagram内のポスト数によってランキングを作成しています。

詳細なジャンルから絞り込んだ検索が可能

Instagramではハッシュタグで二つ以上のワード検索ができないため情報が絞り込めませんが、

Tastimeでは場所や値段といった詳細なジャンルから絞り込めるのであなたの求めている写真を撮れる飲食店が見つかります。

今どき女子はインスタ映えが基準

既存のグルメサービスといえば、ユーザーが求めている情報は行くために必要な店舗情報と味の情報が重要だと考えていました。

そのため多少のデザインの違いはあっても、基本的に提供している価値に大きく差がなかったため、クーポンや掲載店舗の多い大手のサービスを60代の男性が利用しているサービスを20代女性も利用するという異様な状態が続いていました。

当然、60代男性と20代女性ではニーズが全く違います。これまでは「自分の経験のための情報」が重要な時代でしたが、現在は「他人にシェアするための情報」が重要な時代にシフトしてきています。

それが顕著に表れているのが、スマホネイティブ世代はInstagramで飲食店を検索しているという現状です。

今までは自分で食べて満足すれば良かった話ですが、今の若者は食べた後に写真をシェアしてまわりからどう思われるのかまで想定した店選びをしています。ある意味SNSが生活の一部になっているからこその思考と言えます。

スマホが普及し、写真が手軽に撮れるようになった現在、投稿する側も文字を打つより楽で伝えやすい写真を選び、読む側も多くの投稿を文字で読むより、直感的にいいね!が押せる写真を求めています。

ありふれた信用性の低い文字情報(口コミ)やプロに頼んだ詐欺まがいの写真を見て飲食店を選ばなくても、Instagram上にはユーザー目線の情報がたくさん載っています。

今どき女子は検索しづらいInstagramの機能を使ってでもインスタ映えする飲食店を探し、しょうがなくSEO上位に表示されるグルメサービスから店舗情報を調べています。

Tastimeは、これまでのグルメサービスとは異なる視点から新しい時代のニーズに応え、長年変化の無い老朽化したグルメサービス業界にイノベーションを起こします。

代表プロフィール&会社概要


根本 淳成 Atsunari Nemoto(22)
1994年生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科在学中。高校時代に受講した早稲田大学ビジネススクール共催の起業家育成プログラムにおいて、ビジネスとは目的でなく、問題解決をする手法であることを学ぶ。その中で起こした事業の一つで社会起業家支援団体ASHOKAから当時最年少ベンチャラーに選出。その後、いくつかの事業に関わる過程において、世界経済フォーラム系列組織「Global Shapers」に参加した中で第一線で活躍していくための英語能力の重要性を認識し、2014年からビジネスと英語を学ぶためにNYに1年間留学。帰国後、本事業案の元となるプランで東京都主催「TokyoStartupGateway2015」にて546組から10組のファイナリスト(最年少)に選出。

株式会社TripBox(http://tripbox.co.jp/) 2016年4月1日創業
代表取締役 根本淳成
提供サービス: Tastime (https://itunes.apple.com/us/app/tastime/id1163981024?mt=8) , Instashot (http://tastime.jp/)

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------