オンラインアシスタントサービスを運営するキャスターが、リモートワークで人材リソースを提供するデザインエージェンシー「Remote Style」をリリース

by キャスター on 2017.5.16

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

~リモートで働く、ハイスキルなエンジニア・デザイナーが制作を担当~

オンラインアシスタントサービス「CasterBiz」を展開する株式会社キャスター(本社:東京都渋谷区、代表取締役 中川祥太、以下キャスター)は、2017年5月16日に、新たにベンチャー向けのデザインエージェンシー「Remote Style」をリリースいたしました。
■「Remote Style」について
http://remotestyle.cast-er.com/biz/

「Remote Style」は、スタートアップやベンチャー・新規事業部門向けの、カスタマイズ型のデザインエージェンシーです。キャスターに登録するデザイナー・エンジニアの人材リソースを活かし、あらゆる制作ニーズに応えます。

【特徴】
1、ハイスキルなデザイナー・エンジニアが登録
場所の制約がない「リモートワーク」で働く方を対象にし、首都圏だけではなく全国で募集できることから、ハイスキルなデザイナー・エンジニアに登録いただくことができます。

2、企業のニーズに合わせて、人材マッチングや受託制作が可能
企業にとって最適な人材をマッチングするだけではなく、専門ディレクターが要件定義やチーム組成・ディレクションをサポートする受託制作も可能です。

また、長らくリモートワークでサービス提供してきたキャスターのノウハウを活かし、初めてリモートワークを導入する企業向けの業務設計・運用支援を行います。

3、週1日から案件スタート
週1日から案件をスタートし、月次で業務量を調整いたします。一人を採用するほどの業務量が安定的にない企業、新規プロダクトで先々の業務量が見えにくい企業など、柔軟に対応することが可能です。

■サービスリリースの背景
キャスターでは、秘書・人事・経理等のバックオフィス関連のタスクを、メッセージ一つで請け負うオンラインアシスタントサービス「CasterBiz」を運営し、これまでに100社以上の企業に導入いただきました。

一方で、企業の人材不足はバックオフィス領域だけではなく、制作リソース不足における課題が多々あり、キャスターがこれまでに培ってきたノウハウや独自オペレーションを活かして解消できるのではないかと考え、本サービスのリリースに至りました。これにより、日々厳しさを増す企業の人材不足に新しい選択肢を提供すると共に、働き手に対する新たな就業機会の創出に繋げます。

キャスターでは、今後も「リモートワークを当たり前にする」というミッションの元に、様々な事業を展開してまいります。

■会社概要
http://caster.co.jp/

株式会社キャスター
設立:2014年9月
代表取締役:中川 祥太
資本金:1億8,097万円(資本準備金含む)
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-20-1 大沢ビル5F
従業員数:170名(業務委託を含む)
事業内容:
・オンラインアシスタントサービス「CasterBiz」(https://cast-er.com/)の運営
・デザインエージェンシー「Remote Style」(http://remotestyle.cast-er.com/biz/)の運営

■本件に関する問い合わせ先
株式会社キャスター 広報担当 勝見
TEL:03-4405-7416
e-mail:[email protected]

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------