インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar」運営のBizcastが3億円の資金調達を実施しJTBとも協業。広告事業から次のフェーズへ

by 株式会社Bizcast on 2017.6.19

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar」(https://bitstar.tokyo/)を運営する株式会社Bizcast (本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡邉 拓/、以下Bizcast)はグローバル・ブレイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:百合本 安彦)が運営するグローバル・ブレイン 6号投資事業有限責任組合(以下、GB6号ファンド)より3億円の第三者割当増資を実施いたしましたのでお知らせご報告致します。また、本資金調達に伴い、グローバル・ブレイン株式会社 パートナーの深山和彦氏が社外取締役に就任することを合わせてお知らせ致します。

■資金調達の目的について
Bizcastは「インフルエンサーが活躍できるインフラを作る」というビジョンのもと、YouTuberを中心としたインフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar」( https://bitstar.tokyo/ ) を運営しております。「BitStar」ではITの活用により、インフルエンサーへに対して、発掘、育成、マネタイズまでのプロセスを一気通貫で提供するスター輩出プラットフォームとして、多くのインフルエンサーの支持を獲得してきました。

BizcastはITを活用した新たな仕組みとして提供して事業拡大してきました。今般この度の資金調達増資により、「インフルエンサーが活躍できるインフラを作る」というミッションのもと、インフルエンサーのさらなる成長の機会を創出するべく、マスメディアや各プロダクションと連携した新たなプロダクション事業、メディア事業をスタート致します。また、中期的には新たなプロダクトの開発と海外展開のためのを進めるべく、投資を進めて参ります。特に、海外展開においてはGB6号ファンドの戦略的LPである株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区、代表取締役:高橋広行/以下、JTB)およびグループ会社との協業を進めて参ります。

■ JTBとの協業について
JTBのグループ会社、株式会社JTB国内旅行企画(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大谷恭久)が展開する国内主力商品「エースJTB」のプロモーションにおいては既にBitStarを利用したインフルエンサーによるプロモーション活動を多数、実施いただいております。
今後はさらに、JTBのグループ会社でアジア向けデジタルマーケティング事業を展開する株式会社Fun Japan Communications(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井大輔)との連携を含め、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、観光インバウンド領域などにおける等、日本企業への海外プロモーション支援等での協業を進めて参ります。

■グローバル・ブレインについて
グローバル・ブレインは、総額500億円を超えるファンドを運営し、日本日本のみならず、シリコンバレー、シンガポール、韓国に拠点を有し、グローバルに展開している独立系ベンチャーキャピタルですファーム。情報技術トレンドに対する高度な理解・分析力を基にしたをベースとした戦略的ソーシング能力や、多様なバックグラウンドを持つチームによるきめ細かいハンズオン支援能力等を強みとし、1998年の設立以降、複数のファンドを組成し、高い運用実績を残有しています。

—————————————————————————-
グローバル・ブレイン株式会社 http://globalbrains.com/
本社:東京都渋谷区桜丘町10-11
設立:1998年1月
事業内容:ベンチャーキャピタル事業

グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合
無限責任組合員(GP):グローバル・ブレイン株式会社
運用総額:200億円程度
—————————————————————————-

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------