アスラポートグループの大手居酒屋チェーン「とり鉄」がテイクアウトナビを導入開始

by テイクアウトナビ株式会社 on 2017.9.13

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

大手居酒屋チェーン、「とり鉄」がテイクアウトナビのサービスを導入。中食市場の取込みへ

2017年9月、とり鉄を運営する株式会社アスラポートは今年7月にサービスリリースした、飲食店のテイクアウト料理の検索、事前予約アプリ/ウェブのテイクアウトナビの導入を決定しました。
五反田駅前店を皮切りに、その他の店舗においても随時導入を開始する予定です。焼き鳥等の居酒屋メニューのテイクアウト(お持ち帰り)を通じて中食市場への積極的参入をしていきます。

ユーザーは自宅にいるときや、帰宅中の電車の中などで、近所のとり鉄のメニューのテイクアウトを予約し、待ち時間なしでピックアップいただくことが可能です。フードデリバリーと比較し、配送コスト等がかかりませんので、より安価に、日常的にご利用いただくことが可能です。晩酌のお供にも最適なメニューが揃っております。

とり鉄によるテイクアウトナビ導入の背景
外食市場が近年伸び悩んでいる一方で、中食市場は着実に成長してきております。しかし、中食市場の伸びを現状牽引してきているのはコンビニやスーパーの弁当、惣菜が中心であり、飲食店のプレゼンスは限定的です。
作り置きではなく、出来たての料理を求める声は多い一方で、以下の問題点から飲食店の中食市場への進出は進んでいないものと考えられます。

現在多くの飲食店がテイクアウトサービスを実施しているが、実際に近所の店舗でどこがやっているのかをお客が簡単に検索することができないという問題。
飲食店でのテイクアウトを注文したいと思ってはいるものの、店舗で注文してからの待ち時間が長い。また、電話で事前に注文をするのは手間であるという問題。

また2019年10月から導入される予定である、テイクアウト料理への軽減税率の適用にかかる対応という意味でも、テイクアウト分野の強化は飲食店にとって重要な課題となるものと思料されます。

以上の観点から、株式会社アスラポートは、運営するとり鉄にとっても中食市場の取込みは今後の重要な成長ドライバーの一つになると認識しており、テイクアウトナビのプラットフォームを利用することで、効率的に、多くのお客様に出来たての焼き鳥等の居酒屋メニューの提供が可能であると見込み、今回のサービス導入を決定しました。

とり鉄について
とり鉄は株式会社アスラポートが運営する焼き鳥居酒屋チェーンです。直営店、FC店含めて62店舗(2017年3月時点)、全国で展開しております。

【運営会社】
会社名: 株式会社アスラポート
代表: 檜垣周作
〒141-0031 東京都品川区西五反田1-3-8 五反田御幸ビル3F
URL: アスラポート代表: http://asrapport.com
とり鉄 事業本部: http://www.tori-tetsu.com/

テイクアウトナビについて
テイクアウトナビは飲食店のテイクアウト料理の事前予約注文・検索アプリ/ウェブです。
現在、パートナー店舗様を募集しております。フードデリバリーとは異なり、配送コストが発生しない上に事前準備もほとんど必要がなく、リスクを最小限に抑えた上で運用することが可能です。テイクアウトナビにご登録いただくことで、より多くのお客様に美味しい料理を楽しんでもらうことが出来ます。

現在サービス開始キャンペーンを実施しており、初期費用、月額費用等も発生しませんので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。([email protected]

【運営会社】
会社名: テイクアウトナビ株式会社
代表: 加地倫文
〒136-0071 東京都江東区亀戸5-6-21
URL: https://takeout-navi.jp/
iOS: https://appsto.re/jp/pW9elb.i
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.com.takeout_navi&hl=ja

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------