学習塾と生徒親子をむすぶコミュニケーションツール”Comiru” クレディセゾン、Omiseとの提携により、塾受講料のクレジットカード決済を可能に!!

by 株式会社POPER on 2017.10.12

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

株式会社POPER(以下、POPER)は、株式会社クレディセゾン(以下、クレディセゾン)、Omise Japan株式会社(以下Omise)と提携し、塾と保護者のクレジットカード決済プラットフォームを開発しました。
POPERの開発・運用する『学習塾業界のアナログ業務を効率化するコミュニケーションツール ”Comiru(以下、Comiru)”』は、クレディセゾン、Omiseとの提携により、塾授業料のクレジットカード決済を開始いたしました。これにより、Comiruを導入している学習塾において、受講料などをクレジットカードで支払うことが可能となります。

Comiruは、現在、学習塾を中心として100社以上で導入されており、これらの学習塾に通う10,000人以上の保護者に活用されています。保護者は専用アプリをインストールすることで、学習塾からの様々なお知らせをアプリ上で確認することができます。また、学習塾は、紙ベースで行われていた保護者とのコミュニケーションが不要になり、作業とコストの大幅な削減につながっています。

今回のクレディセゾン、Omiseとの提携によって、保護者はアプリ上で受講料を確認しそのままクレジットカード決済をすることができ、学習塾は受講料の収納業務を効率化させることができます。

学習塾業界では、クレジットカード決済がほとんど進んでおらず、授業料の支払は口座振替か月謝袋での現金手渡しが主流です。また、夏期講習では1回あたり数十万の支払が発生しますが、保護者は振込の手間や手渡しのリスクを負い、かつクレジットカード決済によるポイント加算の機会も失っています。一方、学習塾は保護者側の振込不備や口座残高不足などにより高額な受講料の収納を確実にできないリスクを抱えています。

このように学習塾業界でも他業界と同様に、事業者である塾経営者と利用者である保護者の双方にとってクレジットカード決済のニーズがあることに変わりはありません。それにも関わらず、クレジットカード決済の導入が進まなかった理由は、学習塾側にとって、導入の手間が非常にかかりハードルが高いことがあげられます。

そこで今回、クレディセゾンとOmiseとの提携により、Comiruアプリから最短7営業日で、かつ特別な料金体系での導入が可能になり、手間なくハードルの低いクレジットカード決済導入を実現いたしました。これにより、Comiruは学習塾業界全体のキャッシュレス化を強力に推し進める起爆剤となります。そして、受講料の収納業務が効率化されることで、学習塾はより多くの時間を子どもたちに向けることができ、教育パフォーマンスの向上につながるでしょう。

(POPERの今後の展開)

今後の展開としては、学習塾は受講料だけでなく、Comiru上で独自のECを持ち、動画授業コンテンツやオリジナル教材コンテンツなどを保護者に直接的に販売できるようになります。これによって、学習塾のオンライン教育とオフライン教育の最適バランスをComiruが後押しすることになります。さらに、学習塾は独自のComiruポイントを発行することで、顧客(保護者・生徒)のリテンションを高める用途として使うこともできます。

(Comiruとは)

学習塾と生徒親子を結ぶコミュニケーションツールで、製品リリースから1年半で導入塾は100社を超え、現在は、親子とのコミュニケーションを軸に、教室運営者が抱える様々な業務(成績管理、出欠席管理、予約管理など)を効率化する機能を提供しています。Comiruの開発チームは、日本で最も歴史あるアクセラレーター”Open Network Lab13期”で最優秀チームを獲得し、280社のエントリー中から18社しか参加することのできない起業家と投資家の合同合宿インキュベートキャンプ10thに参加しています。

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社POPER
代表取締役CEO 栗原慎吾
TEL&FAX:03-6265-0951
Email:[email protected]
URL:https://comiru.jp/

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------