アディッシュ、企業SNSアカウントを英語・中国語・韓国語で運用する「海外向けSNS運用代行」サービスの提供を開始

by アディッシュ株式会社 on 2018.3.14

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

~海外にいる潜在顧客へ、日本から積極的な情報発信をサポート~

アディッシュ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 江戸浩樹、以下 アディッシュ)のCtoCサービス向けカスタマーサポート・アクティブサポート・Web接客等をパッケージサービスとして支援するフロントサポート事業部は、Facebook、Twitter、Instagram等のSNS(ソーシャルメディア)を活用して、海外へ情報発信を検討する国内企業向けに「海外向けSNS運用代行」サービスの提供を開始しました。
SNSの選定、アカウントの開設から運用、報告までワンストップでサポートすることで、海外にいる潜在顧客の開拓、獲得に繋げます。

サービス誕生の背景

2017年の訪日外客数は約2,869万人となり(出典:日本政府観光局(JNTO))、海外から日本への興味関心は増加しています。
日本の情報をSNSやブログを通して収集する傾向もあり、SNSを活用した海外向け情報発信を考えている企業も多く見受けられますが、海外向けSNSの運用を開始するには多くのハードルがあり、実施に踏み切れていないのが現状です。

【社内で海外向けSNS運用のハードルが高い点】
・アプローチしたいユーザー特性に適したSNSの選定が難しい
・海外SNS文化を踏襲した翻訳チームの体制を構築できない
・利用するSNSのトレンドに合わせた文章作成ならびに継続的な投稿が困難
・人員的な問題

アディッシュの「海外向けSNS運用代行」は、運用に関わる事前準備の段階から投稿、モニタリングまでワンストップで提案するサービスです。
訪日外国人だけでなく、海外在中で、日本のモノ・コト・サービスなど、日本に関心がある外国人へ情報を発信したい企業を全面サポートします。

アディッシュの海外向けSNS運用代行の強み


 1. 初期設定
 ・SNS(Facebook、Twitter、Instagram)の選定、運用における想定効果の提案
 ・運用体制の確保
  -返信対応方針の決定
  -緊急時や問題が発生した際の企業側担当者への報告体制
 ・運用詳細の設計
  -ライティングにおけるトーン&マナー(キャラクター)の設定
  -予算に合わせた投稿数の提案と調整

 2. 運用力
 ・国内向けSNS運用代行とSNSマーケティングで培った経験値を取り入れた、海外向け運用のコンサルティング
 ・カスタマーサクセスを意識したSNS活用
 ・ネイティブレベルのスタッフによる文脈に適した表現
 ・目的に応じたプロモーション(SNS広告、キャンぺーン)の提案

 3. 3か国語に対応
 ・英語、中国語、韓国語に対応
 ・アディッシュの海外オペレーションセンター(adish International Corporation / フィリピン)にて、
  ネイティブレベルでの翻訳投稿とモニタリング
 
海外向けSNS運用代行 https://frontsupport.jp/oversea_sns/

【アディッシュ株式会社 概要】
設立   :2014年10月1日
代表者  :代表取締役 江戸 浩樹
本社所在地:東京都品川区西五反田1-21- 8 KSS五反田ビル 8F
事業内容 :インターネットモニタリング /ネットいじめ対策 / ソーシャルアプリカスタマーサポート/
      Web集客+Web接客 / チャットボット
URL    :https://www.adish.co.jp

【サービスに関するお問い合わせ先】
アディッシュ株式会社 フロントサポート事業推進室 大西
Tel:0120-5464-77 お問い合わせフォーム:https://frontsupport.jp/contact/