AI(人工知能)開発のロボケン : 東京神奈川イノベーション応援1号投資事業有限責任組合から資金調達

by 株式会社ロボケン on 2018.4.17

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

AI(人工知能)の開発を行う株式会社ロボケン(東京池袋、代表取締役:寺田宗紘 以下「ロボケン」)は、
東京神奈川イノベーション応援1号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施しました。
   
ロボケンは、Deep Learning(深層学習)等のAI技術に加えて、人間の脳の「海馬」の仕組みを活用した
独自の新しいAI(エピソード記憶編集『epiRobo』―特許出願中―)モジュールをコア技術とした事業展開
を図っており、現状の主要開発プロダクトは以下の通りとなっております。

1. 画像認識による、総合環境衛生管理事業(昆虫・菌・カビの判別プロダクト)
(例) 加熱ありおよび加熱なしのクロゴキブリの脚の凍結切片画像を、AIを用いた画像認識を用いて、
    加熱・非加熱を判別。
加熱あり                          加熱なし加熱あり                          加熱なし
2. 社員向け教育AIシステム開発プロダクト
3. 業務の自動化・効率化システム『RoboDock(仮称)』開発プロダクト


4. 独自の対話システム開発プラットフォーム『JDB(仮称)』を用いたチャットボット開発事業

ロボケンは、「人間の知能そのものを持ち、行動するAI」の創出を目指して、epiRoboを始めとした
新アルゴリズム・モジュールを開発し、具体的なプロダクトに搭載しつあり、今回の資金調達により、一層の
研究開発体制の強化を行うとともに、加速度的に事業展開を図ろうとしています。

【東京神奈川イノベーション応援1号投資事業有限責任組合の概要】
  フリーバンク株式会社が、首都圏に基盤をもつ地域金融機関である東京TYフィナンシャルグループ
 (東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京)と連携し、多くのベンチャー企業を支援することを目的に設立
  した(2017年10月)創業支援ファンド。無限責任組合員:フリーバンク株式会社      

【フリーバンク株式会社】
  代表取締役 : 川分陽二  
  所 在 地 : 東京都千代田区平河町一丁目4番地15号
           【URL: https://freebank.co.jp/corporate/ フリーバンク株式会社】

【株式会社ロボケン】
  2014年1月に設立。主としてAI研究開発とシステム開発を行っており、AI研究開発については、
  「真の人間の脳を創る」ことを目標に、独自のコア技術を従来のAI技術に加えることにより、新たなAI
  の構築を目指している。
  代表取締役 : 寺田宗紘
  所 在 地 : 東京都豊島区東池袋3-10-6 加藤三修第六ビル4階
           【URL: http://robo-ken.jp/企業概要/】

  【連絡先】(株)ロボケン 寺田宗紘 
           TEL:03-5904-8285 FAX:03-5904-8286
           E-mail:terada@manten2.com