ニューヨーク大学、関根聡氏がブロックチェーンを活用したスキルシェア「beepnow」の技術顧問に就任

by beepnow on 2018.8.10

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

スキルシェアサービス「beepnow (ビープナウ)」を展開するbeepnow OU(Pikk 17-7, Tallinn, Estonia, 10123、代表:Alex Tsai)は、関根聡氏が当社の技術アドバイザーに就任したことを以下のとおりお知らせいたします。今回の就任により、関根氏が持つ自然言語処理の知識を取り入れ、より精度の高いbeepnowの人工知能システムを開発します。
理化学研究所 言語情報アクセス技術チーム チームリーダー、 NYU研究准教授、関根聡氏
【今回の就任の背景】
beepnowは、空いた時間に自身のスキルを活かしスマートフォンで簡単に収入をえられるプラットフォームを構築いたしました。
従来の履歴書や職務経歴書をデジタル化し、ブロックチェーンに記録。
そこに個人のIDを紐づけ、個人が仕事で積み重ねた信用を蓄積していくことができるサービスです。

関根氏は自然言語処理を専門とした豊富な経験があり、その知見をbeepnowの人工知能開発に助言をしていただくことが、beepnowの目指すタレントスコア構想の実現につながると考え、技術アドバイザーに就任していただきました。beepnowはテクノロジーを通じて人々が幸せになる仕組みを提供し社会に貢献して参りたいと思います。

【関根聡氏について】
理化学研究所 言語情報アクセス技術チーム チームリーダー
ニューヨーク大学研究准教授
ランゲージ・クラフト研究所所長

ニューヨーク大学にて自然言語処理の研究にて1998年に博士号。その後、ニューヨーク大学にて研究准教授。
アメリカ国立科学財団 (NSF) の「オンデマンド情報抽出」プロジェクトのリーダー。
2010年6月から楽天技術研究所ニューヨークの所長を歴任。日本で言語処理に関するコンサルタント会社のランゲージ・クラフトを設立、運営している。

現在は理化学研究所 言語情報アクセス技術チーム チームリーダーとして「自分の判断を言葉で説明できる人工知能」を目指して開発研究をしている。

以下の動画は理化学研究所AIPにおいて関根チームリーダーが言語情報アクセス技術チームのプロジェクトについて語ったものへのリンクです。

https://youtu.be/ksX0jiK5aXM

【beepnow OÜについて】
beepnow OÜ
代表:Alex Tsai
住所:Pikk 17-7, Tallinn, Estonia, 10123
事業内容:beepnowの運営、ブロックチェーンの開発、ブロックチェーン評価システムの提供
設立:2018年2月
URL:https://beepnow.io/ja/

【beepnowからのお知らせ】
beepnowは10月17日-19日に東京ビックサイトで開催される。
xTECH EXPO 2018 | 日経xTECH(クロステック)にて代表Alex Tsaiの講演がございます。
講演時刻は10月17日(水)15:30からを予定しております。

beepnow OU Alex Tsai

(講演タイトル)
法人ブロックチェーンの実用的導入。beepnowが提供するOEMソリューションとは

(講演概要)
我々はブロックチェーンとAIを活用した、人材評価プラットフォーム”beepnow”を公開致しました。
職務経歴をブロックチェーンに記録、そして個人のIDを紐付け、人々の仕事における信用蓄積を可能にしました。概念ではなく、実装されたブロックチェーンを詳しくお話致します。

会場 : 東京ビックサイト
来場予定者 : 70,000人
日時 : 2018年10月17日(水)~19日(金)
主催 : 日経BP
https://expo.nikkeibp.co.jp/xtech/ex/

【本プレスリリースの問い合わせ先】
beepnow OÜ 広報部(担当:鈴木、道綱)
E-Mail:[email protected]
Tel:050-5806-0302