BRIDGE

アーカイブ

初音ミクがサイバーエージェントアメリカのピコワールドに乗り込む

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 サイバーエージェントアメリカ(東京に本社がある株式会社サイバーエージェントの子会社)が運営する「ピコワールド」といえば、既にFacebook上で人気を博しつつある。今、このバーチャルワールドに日本国外のファンを さらに喜ばせるであろう、大きな目玉がやってくる。 サイバーエージェントアメリカは、今日(原文掲載日11月25日)、Crypton Future Me…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

サイバーエージェントアメリカ(東京に本社がある株式会社サイバーエージェントの子会社)が運営する「ピコワールド」といえば、既にFacebook上で人気を博しつつある。今、このバーチャルワールドに日本国外のファンを さらに喜ばせるであろう、大きな目玉がやってくる。

サイバーエージェントアメリカは、今日(原文掲載日11月25日)、Crypton Future Mediaと提携し、同社の有名なキャラクターである初音ミクをピコワールドに登場させることを発表した。

音声合成アプリケーション「ボーカロイド」から生まれたこのアイドル的キャラクターと、その後世界中で行われたバーチャルコンサート(下の動画参照)などの文化的な産物を、ハイテクステージに投射されたものだと認識している読者の方もいるかもしれない。

言うまでもなく、日本国内にも国外にもミクのファンは大勢いる。そこで、サイバーエージェントアメリカは、ピコワールドのユーザーが初音ミクの関連アイテム(衣装、トレードマークでもある青緑色のポニーテールなど)を欲しがってくれることを期待しているのである。同社の取締役副社長は、こう説明する。

「ソーシャルゲームやバーチャルワールドが世界中でブームになっていますが、日本の文化を世界へ紹介することにかけては、ピコワールドが最前線に立っていると自負しています。今回Crypton Future Mediaと提携したことで、我々はキャラクターというスタイルを、更には初音ミクというブランドを世界中のファンに届けることが可能となります。」

日本の文化を世界に広めることがサイバーエージェント社の主なビジネスの目的であるかどうかは分からないが、これが素晴らしい副産物であることは確かである。これに関しては、どうしても日本と中国を比較してしまう。とりわけ、中国のソフトパワーについて、そして中国がどうしてまだだこのようなアイドル輸出産業に欠いているのかについて、ウィル・モスが書いた素晴らしい記事を目にしてからはどうしてもだ。

初音ミクのライブはこちら。ここで彼女を見ることができる。

【via PennOlson】 @pennolson

----------[AD]----------

中国で一番クールなブロガーがマイクロブログを使わない理由

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Han Han(韓寒)は、おそらく中国で一番人気の有名ブロガーだろう。だが、このマイクロブログ(訳注:Sina Weibo(新浪微博)、Tencent Weibo(騰訊微博)など)時代に、従来のブログを使い、更新もあまりしないブロガーが中国で一番人気とはかなりの驚きだ。Hanは若く、ハンサムでレーシングカーに乗り、そして反政府的なイメージを持っているものの、…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Han Han(韓寒)は、おそらく中国で一番人気の有名ブロガーだろう。だが、このマイクロブログ(訳注:Sina Weibo(新浪微博)、Tencent Weibo(騰訊微博)など)時代に、従来のブログを使い、更新もあまりしないブロガーが中国で一番人気とはかなりの驚きだ。Hanは若く、ハンサムでレーシングカーに乗り、そして反政府的なイメージを持っているものの、今のところは捕まらないでいるということが、人気の理由となっているのはもちろんだ。

最近、Han Hanは自身のブログ上で、彼の従来型ブログはかなり人気があり、何百万というフォロワーがいるにも関わらず、どうしてマイクロブログに変えないのかについて語った。どうして彼はWeibo(微博)の波に乗らないのか?

まず第一に、Han Hanは、彼の投稿に肯定的なコメントをする、かわいいアバターの女の子達みんなを口説こうとして集中できなくなると言っている。その女の子達のWeiboのアカウントを探して写真などを見つけようとしていたら、記事を完成する時間が無くなってしまうだろう。これは冗談だ。だが、Hanはプレイボーイとしても有名だし、彼のブログ記事はひどい性差別的な態度を示したとして数回以上訴えられている。だから、このことについては、Hanの説明以上に真実味があるのではないかと思う。

続いて、Hanは「僕はうぬぼれの強い男だ」とも言っている。Weiboは確かに、うぬぼれの強いセレブが、終わりのない一連のコメント、リツイート、そして(彼にとっては)かわいい女性のアバターの写真などに没頭するのに十分なフィードバックを提供してくれる。

だが、彼にとってのWeiboやマイクロブログの本当の問題は、速報などを流すにはいいのだが、 その極端な早さが弱点でもあるということだ。Hanの記事にはあるエピソードが含まれている。

「先週、僕はレースをしていてネットを見る時間がなかった。月曜日、レースが終わったあと、車で家に帰る途中にWeiboを開いた。友達の1人がその1週間前に起こった悲劇について書いているのを見た。友達は、そのことについて7〜8日間真剣に考え、関連資料を読み、おそらくこうだったんじゃないかと感じたことを書いていた(すなわち、その悲劇について、彼は意見を述べていた)。友達の分析はかなり筋が通っていて、僕は友達の言うことに大賛成した。

この友達の投稿には普通ならリツイートする人がたくさんいるのだが、この投稿にはたった数十回のリツイートがされただけで、最初に届いたコメントの1つには、『なんで、まだこの話をしている人がいるの?これ(悲劇)はもう古い(時代遅れ)よ。』と書かれてあった。」

かわいい女の子達を口説こうというHanの大げさなたわごとに我慢できるなら、彼の記事には相変わらず説得力がある。中国で以前は(グレートファイヤーウォールで)ブロックされていたかもしれない悲劇的な出来事のニュースは、今では微博で瞬く間に広がるが、同じようにあっと言う間に消えていき、瞬時の意見や、的を得た短いひやかしをするだけの時間しかなく、それをより深く分析するための、議論の場として使おうとするユーザーを懲らしめている。

それが必ずしも悪いことではないが、心に留めておくべき重要なことだ。これは単に中国に限ったことではない。というのは、多かれ少なかれどの国でも、マイクロブログには同じような批評がされているからだ。ニュースは素早く広まるが、Han Hanのような従来タイプのブログは、より深い分析を提供することで依然として非常に重要な目的を果たしている。確かに、なかなか更新されない。また、 Han Hanの長い記事を見て、「長すぎるから読まない」と反応する人が多いことも確かだ。だが、社会がそれを必要としていないということではない。

【via PennOlson】 @pennolson

----------[AD]----------

インドネシアのソーシャルコマースサイト「Multiply」が期間限定で送料無料キャンペーンを展開

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】  今年3月にソーシャルコマースをインドネシアに導入するためにスタートしたMultiplyは、インドネシア国内への送料を無料とした。この送料無料サービスのプロモーションは地元の配送業者、JNEの支援によるものである。 しかしながらこの送料無料にはいくつかの条件があり、「今すぐ購入する(インドネシア語で ‘Beli Sekarang’ )」を選択した商品かつMu…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

 今年3月にソーシャルコマースをインドネシアに導入するためにスタートしたMultiplyは、インドネシア国内への送料を無料とした。この送料無料サービスのプロモーションは地元の配送業者、JNEの支援によるものである。

しかしながらこの送料無料にはいくつかの条件があり、「今すぐ購入する(インドネシア語で ‘Beli Sekarang’ )」を選択した商品かつMultiply の支払システムを利用した場合のみ適用される。最小取引額は100,000インドネシアルピア(11ドル)となり、Multiply が支払う配送料も最高100,000インドネシアルピアである。

このサービスは2011年11月11日から2012年2月29日まで実施される。

Multiply Indonesiaから彼らの戦略について話を聞いてから半年が経っているが、以降、ソーシャルコマースのプラットフォームとしては、まだ完全には機能していないようだ。もちろん、ブログの世界(Multiply は、もともとブログから始まった)と、電子商取引のプラットフォームとしてMultiplyを利用するユーザを融合することは困難なことではあるが。

Eコマースの戦いは来年までヒートアップし、Blibliなどの確立されたオンラインショッピングのポータルを保持している新規参入者との競争は激化するであろう。

【via Penn Olson】 @pennolson

----------[AD]----------

「フォーカスしろ!ユーザー第一!」Pathの創業者が学びを語る

SHARE:

(Photo by @Joi) Facebook Platformを発明した事で有名になり、その後、プライベートモバイルネットワーク「Path」を創業したDave Morin氏が先日Jason CalacanisとのインタビューでPathとFacebookで学んできた事を語った (ちなみにDaveはOpen Network Labのメンターで、実際にPathのエンジニアがメンターしに来た事もある)…

(Photo by @Joi)

Facebook Platformを発明した事で有名になり、その後、プライベートモバイルネットワーク「Path」を創業したDave Morin氏が先日Jason CalacanisとのインタビューでPathとFacebookで学んできた事を語った (ちなみにDaveはOpen Network Labのメンターで、実際にPathのエンジニアがメンターしに来た事もある)。

Pathは2010年にリリースされてたアプリなのだが、先月大幅リニューアルされた「Path 2.0」をリリースした。@yukari77の記事によると月間アクティブが3万人いたPath 1.0が2.0で9倍の27万人に上がったそうだ。

Pathを思いついたきっかけ


Twitterの初期の頃は親友や同じ業界の仲間しか使ってなかったのですごく親密な体験ができたサービスだった。今では世界中の人が使っていて、コミュニケーションプラットフォームからメディアプラットフォームに転換した。私はTwitterの初期の頃で感じた親密感を保ったプライベートネットワークを作りたくてPathを作った。

バージョン1.0では50人までしか友達になれないリミットをつけた。リミットの理由はユーザーに本当の友達だけをPathに追加して欲しかったから。それとダンバー定数 によると人間にとって、平均約150人(100-230人)が「それぞれと安定した関係を維持できる個体数の認知的上限」であると述べていたからです。

Path 1.0で学んだ事


最初はPathに投稿する時は写真を取る事を必須にしてた。それと共に人、物、場所をタギングできるようになっていた。しかし、写真に必須条件とタギングの機能がユーザーが気軽に投稿できないようにしていた事を学んだ。

1.0ではユーザーが面白い使い方をしていた。iPodのスクリーンショットを取って聞いてる音楽を共有したり。自分がいる場所を共有するためだけにほぼ場所と関係ない写真を投稿したり、紙に文章を書いてその写真を取ってブログ的な物を投稿したりしてた。それらのユーザーの使い方やニーズを分析して「Path 2.0」に生かした。

チャレンジングだった事。


Facebookでは毎日コードや機能をリリースしていた。僕はそのペースに慣れていた。毎日いろんな事を試せた。しかしiPhoneアプリは申請してからリリースされるまで2〜3週間かかる。なので試す回数も減るし、一回のリリースで複数の課程を一気に検証できるようにならないといけなかった。

UIものすごいチャレンジングでした。画面面積が小さいモバイルでシンプリシティーを保ちながら高機能な体験を与えるUI/UXを作るのが難しかった。Path 2.0では20種類のバージョンを作って検証した。

プレッシャーもあった。僕がFacebookでFacebook Platformを作った事もあり、周りから高い期待があった。そのプレッシャーの中で自分のペースで開発をするのが難しかった。周りはFacebookを作るのに8年もかかった事に気づいていない。

Withについて


今年6月にWithをリリースした。実はWithは社内のハッカソンで開発したアプリ。Withでは「果たして人は自分と一緒にいる人を共有したいか」を検証するためにリリースした。検証の結果、Path 2.0にその機能を入れる事にした。

起業家へのアドバイス


Facebookで学んだ事は、ユーザー第一でユーザーがサービスどういう風に使っているかを観察・分析してユーザーをエンパワーする事。Facebookを最初リリースした時は、写真アプリが無かった。しかし毎日プロフィール画像を変えるユーザーが沢山いたので写真アプリを入れた。今、その写真アプリはFacebookで最も使われている機能。

私からのアドバイスは常にユーザーと会話をする事、解決したい課題にフォーカスする事、学ぶ事、そしてその学び生かして次のバージョンをリリースする事。

 

----------[AD]----------

中国のスポーツ用品専門サイトKuYunDong(酷運動)が3千万ドルを資金調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のB2Cのスポーツ用品専門サイト「Ku Yun Dong(酷運動)」—英語で言うなら「Cool Sports」—が、Bシリーズの資金調達で3000万ドルを獲得した。出資企業は明らかにされていない。第2回目となるこの資金調達は、2010年9 月に Acquity Group から1000万ドルを調達した第1回目に続くものだ。 Ku Yun Dong(k12…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のB2Cのスポーツ用品専門サイト「Ku Yun Dong(酷運動)」—英語で言うなら「Cool Sports」—が、Bシリーズの資金調達で3000万ドルを獲得した。出資企業は明らかにされていない。第2回目となるこの資金調達は、2010年9 月に Acquity Group から1000万ドルを調達した第1回目に続くものだ。

Ku Yun Dong(k121.com)は、スポーツウェアやシューズ、スポーツ用品を販売している。同社は、2010年の創業で、中国スポーツ用品オンラインショップの大手であると称している。だが、中国では激戦を繰り広げているEコマース業界だけに、同社は OKBuy(好楽買)LeTao(楽淘)などの同じような商品を扱う大きなサイトと接戦しているが、これら2社が取り扱っているのはスポーツシューズがほとんどである。

そこで、Ku Yun Dong は取扱商品の種類を増やすことで他社との差別化を図っている。より徹底した方法でさまざまなスポーツを網羅し、例えば、ヨガ、テニスや卓球などに関連したスポーツ用品やウェアなどを販売している。本当に何十種類というスポーツを網羅している。当然ながら、世界の一流ブランド「Nike」 や国産ブランドの「Li Ning(李寧)」などのブランド品に大きな力を注いでいる。

同社CEOのZhu Qi Hong(朱啓功)氏は、今回新たに調達した資金は、マーケティングの活性化、物流や在庫システムの向上に活用すると語っている。

[出典: ChinaVenture(中国語)]

【via Penn Olson】 @pennolson

----------[AD]----------

アジアテックツアー エピソード1「価格.com」[動画]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 アジアテックツアー動画シリーズ エピソード 1テックツアー動画シリーズ。ここで取り上げてもらいたいと思うアジアのサービスもしくはアプリなどがあれば、それらの要望をぜひ我々まで連絡してほしい。 価格.comは、非常に素晴らしい価格比較エンジンで、日本では私もよく利用している。定期的に何度も利用したいと思わせるクールな機能をいくつか兼ね備えており、最近価格が落ち…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

アジアテックツアー動画シリーズ エピソード 1テックツアー動画シリーズ。ここで取り上げてもらいたいと思うアジアのサービスもしくはアプリなどがあれば、それらの要望をぜひ我々まで連絡してほしい。

価格.comは、非常に素晴らしい価格比較エンジンで、日本では私もよく利用している。定期的に何度も利用したいと思わせるクールな機能をいくつか兼ね備えており、最近価格が落ちた商品がリストアップされる便利な「プライス・ダウン(価格改定)」リスト、そして時間をかけてどのように価格が推移しているのかを見ることができる情報グラフなどがそれら機能の一部だ。提供商品は、電気製品、自転車から、その他何から何まで揃っている。

特定の商品を検索することができ、また自分の好きなものを閲覧することができる。私は常に買い物をする前に価格.com上で価格チェックをおこなっている。たいていこのサイトでは、サードパーティーの小売販売業者に転送してくれるため(多くの場合がAmazonJapan)、家にいながら発注を行うことができる。なぜなら(最初にまず私の妻に詫びを入れておくが)、外での買い物はだまされやすい人のためにあるものだからだ。

それはさて置き、以下が価格.comの動画ツアーになるので要チェック。我々では今後、アジアにおけるさらに多くのウェブサービスおよびアプリの動画ツアーを取り上げていきたいと思っている。乞うご期待。

【via Penn Olson】 @pennolson

----------[AD]----------

アジアで育つソーシャルゲーム、インドでの展開はいかに?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 このブログでは、アジアのソーシャルゲームについてや中国や日本のことをたくさん書いてきた。だがインドのソーシャルゲーム業界についてはあまり話を聞かない。今回はアジアでのゲームやソーシャルネットワークの大手電子決済プロバイダーであるMOLにインタビューしているが、ソーシャルゲームがインドで「大きな成長を遂げている」とのことだ。 Facebookユーザーのおよそ半…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

このブログでは、アジアのソーシャルゲームについてや中国や日本のことをたくさん書いてきた。だがインドのソーシャルゲーム業界についてはあまり話を聞かない。今回はアジアでのゲームやソーシャルネットワークの大手電子決済プロバイダーであるMOLにインタビューしているが、ソーシャルゲームがインドで「大きな成長を遂げている」とのことだ。

Facebookユーザーのおよそ半数はソーシャルゲームをしているとMOLインドは伝えている。1000万にのぼるソーシャルゲーマーがいるが、Facebookのユーザー数は明確にこの数字になるとは言えない(SocialBakersでは現在380万人としている)。

MOLのCEOであるGanesh Kumar Bangah氏は次のように説明している。

「ユーザ数と収益の成長予測はとてつもなく大きく、マーケティング担当者にとって、これはソーシャルゲームを通して企業名を売り込むチャンスなのです。今、目の当たりにしているユーザ数の増加は、予想以上に続いています。現在、企業にとっては、インドでソーシャルゲームの主導権を模索していく良い機会なのです。」

インドでは、スマートフォン購入の増加にともなって、モバイルゲームも急激な立ち上がりをみせている。最近の Nielson Indiaのレポートによると、増え続けているモバイルユーザはゲームに時間を費やすようになっており、最近では、Androidユーザーの84パーセントはゲームで遊んでいるということだ。

一方、インドでの活動について、GREEやMobageへの質問回答はまだ得られていない(おそらくインドは、彼らのリストには載っているが)。この成長著しいマーケットに参入しようとインドに進出してくる企業がたくさん現れてくるだろう。

[出典;MOL]

【via Penn Olson】 @pennolson

----------[AD]----------

Grouponの上場から中国の共同購入サイトLashou(拉手)が学んだ教訓

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 (この記事はAhn SeungheaとJason Linによって共同執筆された。Ahn は中国初の共同購入検索プロバイダー「LetYo.com(来優団購)」の創業者兼CEO。Jasonはシンガポール国立大学政治学科の学生で、現在は北京で「LetYo.com」の事業開発をしている。) 6億5400万ドルという巨額の損失を計上したにもかかわらず、Grouponは…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

(この記事はAhn SeungheaとJason Linによって共同執筆された。Ahn は中国初の共同購入検索プロバイダー「LetYo.com(来優団購)」の創業者兼CEO。Jasonはシンガポール国立大学政治学科の学生で、現在は北京で「LetYo.com」の事業開発をしている。)

6億5400万ドルという巨額の損失を計上したにもかかわらず、Grouponは2011年11月4日にIPOを果たした。Groupon は共同購入業界でIPOを果たした最初の企業だが、「将来の共同購入ビジネスにとって、これは何を意味するのか」という激しい議論を引き起こした。

Groupon の株式上場後の評価について、その見解は二極化している。しかし、建設的な評価をするには、まだ時が早すぎるかもしれない。Groupon が巨額の損失を出した時には特に。共同購入業界は失敗するだろうとの主張を粉砕してみようとするのに加え、Groupon の株式上場は、同業他社に同じことを促すドミノ効果の引き金となるかもしれない。

Lashou(拉手)—最も純損失の多い中国の共同購入会社は、最初のIPOとなるか?

Lashou(拉手)は、2010年3月に共同購入が始まった時、中国でローンチした最初の共同購入会社の一つである。今までに合計1億6500万ドルの資金を獲得した。同社は、常に国内のマーケットシェアで共同購入サイトのトップ10に入っている。2011年10月28日に証券取引所へのF-1申請書を公表しており、Lashou(最大の純損失を計上している共同購入企業の1社)はIPOへの道を歩みだしたようだ。我々がこれを受け入れて評価する前に、ま ず中国の共同購入業界の実情とGrouponとLashouがIPOを行なう前に発表した数字をいくつか見てみよう。

Lashouの損失はGrouponの15%だが、Grouponの売上はLashouの77倍!

Lashou は2010年3月に開設されたが、それはGrouponが2008年11月に開業した16か月後のことだ。なので、両社を比較する最も適切な方法は、この2社の違いをよりよく証明するために、両社の平均的な財務データを並記して、いくつかの業績指標を比較検討することだ。財務データのいくつかは下記の通りだ。

一つ明らかなのは、両社ともに開業以来、巨額の損失を計上していることだ。上表では、Lashouの月平均の収益は76万9542ドルで、Grouponの月平均収益4130万7200ドルのわずか1.9%である。同じように比較すると、Lashouの経費の月平均はGrouponの 8%、そしてLashouの収益に対する経費の割合はGrouponの4倍にものぼることが分かる。

これは、Lashouは1ドルを稼ぐのに、経費として6.19ドルを使い、Grouponは1ドル稼ぐに1.44米ドルの経費を使っているを意味する。さらに、Lashouの純損失と純収入の割合はGrouponの12倍だ。Lashou の収入は今のところ経費をまかなうための適正なレベルからかけ離れており、Lashou の経費はGrouponよりもはるかに多い。なぜそうなるのだろうか?

Lashou の巨額の損失は、中国の共同購入業界の熾烈な競争を示唆している

Lashou は中国でもトップクラスの共同購入サイトで、中国の同業界から上場する最初の企業となりうる大きな可能性をもっている。では、既に巨額の損失をあげているGrouponと比べて、Lashou の業績がそんなに悪く見えるのはどうしてなのか?

両社とも異なった規模および時間軸で業務を行なっている。そして、これは中国における市場競争がいかに激しいかを示している。Lashouは、Groupon から遅れること16か月後に市場参入しているが(Lashouはサイトを2010年3月にスタート)、16か月の間に改善や拡大などの余地がたくさんあったと主張する人もいるだろう。Groupon が先に開業して国際市場へも参入したことから、Grouponの純益、経費、そして損失がLashouよりも多いのは自然なことだ。さらに、業務経費が高いのは事業開始時の経費にも原因はあるかもしれない。事業開始時には回収不能なコストもあり、それは時間をかけて償却されるものだ。

GrouponのライバルはLiving Socialのみ、Lashouには20社の競合

Grouponは世界40か国に業務を拡大しているが、各国の市場での競合他社は通常大手企業2〜3社である。だが、中国市場はそれよりもはるかに競争が激しい。2010年3月に最初の共同購入サイトの数社がサービスを始めてから(Lahsouもそのうちの1社)、共同購入サイトの業界は急激な成長を遂げ、同年の末には2000以上の共同購入サイトが出現した。

その後、2011年中頃までに中国では5,000を超える共同購入サイトができ、その数は2011年末には10,000以上になると見られている。

アメリカでは、GrouponとLiving Socialが業界の2大プレーヤーで、両社を合わせたシェア率は2011年9月時点で70%以上だった。これと比較して、中国では、 Taobao.com(淘宝)(共同購入サイト以外にもeコマースで様々な役割をになっている)を除くと、主だったプレーヤーがおらず、トップ20サイトがそれぞれ比較的同じようなシェアを確保している。中国市場の競争がいかに激しいかが分かる。だから、ブランドの認知度を築き存在感を保つためには、共同購入のサービス会社は莫大な広告予算を確保し、すばやく事業拡大をする必要がある。

さらに、中国の共同購入市場も発展している。共同購入のビジネスモデルは、今や純然たる共同購入企業だけのものに限ったものではない。大手eコマース企業が共同購入ビジネスを自社のサービスに取り入れるという興味深いトレンドもある。360buy.com(京東商城、エレクトロニクス)、Vancel(広州買衣、ファッションとアパレル)、 Ctrip(携程旅行、ツーリズム)などの大手プレーヤーが、自社の販売モデルの1つとして共同購入ビジネスを取り入れている。このことは共同購入業界全体の状況を物語っており、競争をさらに激化させている。

購買力の高い顧客を獲得すれば、Lashou の将来はよくなるのか?

GrouponとLashouの業務状況を比較した結果、最も明確な違いはアクティブカスタマー1人あたりの平均収益に見られる。Lashouの数字はGrouponの6%だった。これは、Lashou とGrouponの顧客基盤の購買力が異なることに原因があるかもしれない。Grouponは40か国で事業を行なっており、平均収入が比較的高い多くのヨーロッパ市場で大きな力を持っている。中国の消費者物価指数は、欧米諸国に比べると低い。

Grouponの1日に236万4,000人という世界的な独走は、Lashouの103万8,000人という数字のおよそ二倍の結果を示している。月間平均の登録ユーザ数や積極的購買ユーザ数を比較すると、Lashou は Groupon の数字の10%強であり、月間平均契約成約数をみても、Grouponの41%である。Groupon が世界的な影響力を持っているのと対照的なのに、Lashou はなぜよい販売実績を期待されるのだろうか?

Lashouは、ユーザ一人あたりの取引数で、Grouponの倍の数字を記録

Groupon の市場範囲は世界的に広まった。ロケーション、企業構成、社員、そしてローカライズなどによる基準の多様化、これらを全て獲得するには時間と労力を要するものである。Lashou は一つの地域のリソースに的を絞ることができるが、Groupon は様々な市場を同時に対処していく必要があり、リソースを異なった国々に向けて拡散していかなければならない。これは、時に業績不振につながる。例として、Grouponの 中国市場(Grouponの中国での企業名はGaopeng(高朋))への参入が挙げられる。この理由についての詳細を述べるためには、もう一つ新たな記事が必要となるだろう。

アクティブユーザ1人あたりの月間平均取引数をとってみても、Lashouは倍の売上数を計上している。これは、Lashouの各アクティブ ユーザは、月平均6件の共同購入を行っていることを意味する。これに対し、Grouponの各アクティブユーザーは、毎月平均3件の共同購入のみだ。中国では、顧客が多数の共同購入企業から選択できるという事実があるにもかかわらず、Lashou の顧客存続率は比較的高いものとなっている。

中国の共同購入サイトの未来は、サービスよりも製品の売上高にかかっている

Lashou の共同購入の高い数値は、中国の消費者の習性が変わってきていることに原因がある。

共同購入市場の安定化にみる傾向は、中国の消費者がサービスよりも製品に対しての消費を増やしていることを示す。上の表を参照してみると、消費者はより高い確率で製品の購入を好んで行っており、これはEコマース市場と中国の配送サービスの急速な発達と発展によるものである。 商品の購入は、すべての完了した取引のうち67%を占めており、Lashouが事業を開始してから一番高い数値となっている。中国において、共同購入市場が徐々にEコマース市場に統合されていくにつれ、さらに多くの企業がサービスの販売を避けるようになっており、これにより共同購入の取扱件数をより早く高めることになっている。

GrouponのIPOが中国の共同購入企業Lashouの道筋を先導する

中国の市場競争がアメリカより激しいために、中国の主要な共同購入企業の損失はアメリカ企業よりも大きい。
そう考えざるを得ない。業績比較では、Lashouの業績数字は純収入がはるかに低いにもかかわらず、Grouponほどよくはない。業務経費は、広告や中 国でのブランド認知度を構築するという点では重要である。このことは、外国企業が中国に参入する際の障壁が高いことを証明しており、Grouponも中国でGoogleやEbayがたどった道筋を歩んでいるように見える。

中国人の購買力は依然として着実に伸びている
中国市場は、共同購入業界の急速な発展に証明されている通り、驚くべき早さで成長している。さらに、中国人の平均購買力は今のところはるかに低いかもしれないが、中国が数年後に世界最大の経済大国になることを考えれば、この成長は現実には爆発的なものになる可能性もある。

中国の消費者にとって、最も人気のあるEコマースチャンネルになるための共同購入モデル
かつては、純然たる共同購入サイトのみのサービスを提供する企業が多かったが、Eコマースはさらに多様化しており、数多くのサービスを提供するようになってきた。中国には世界最大のインタ—ネットのユーザベースがあり、適切な展開をすれば、共同購入やeコマース事業が発展するのは確実である。

Groupon とLashouの比較は、Lashouの将来の財政が厳しいように結論づけているようだ。だが、Grouponは共同購入市場で16か月も先に参入していたし、もしLashouが次の16か月間現状を維持することができれば、世界の共同購入業界に新たな巨大企業を見い出すことも可能かもしれない。さらに、 Lashouのビジネスモデルは徐々に製品を提供することに変わりつつあり、また共同購入をEコマース分野にも取り入れているようだ。全く異なる市場であることや、とりわけ中国のEコマース市場の可能性を考慮すると、前出した共同購入サイトの多くは、近い将来株式上場を試みるだろう。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

北京の大気汚染警告アプリ「DirtyBeijing」が中国で論争を引き起こす可能性

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 北京を拠点とするスタートアップ企業 Fresh Ideas Studio(Fresh Ideas 工作室)は、おそらく一番見た目がクールであろう「Dirty Beijing」と呼ばれるiPhoneとAndroid向けのローカル大気環境アプリをリリースした。しかしこのアプリ、トラブルに足を突っ込みかねないのだ。と言うのも、中国で強制的に使用を義務付けられている…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

北京を拠点とするスタートアップ企業 Fresh Ideas Studio(Fresh Ideas 工作室)は、おそらく一番見た目がクールであろう「Dirty Beijing」と呼ばれるiPhoneとAndroid向けのローカル大気環境アプリをリリースした。しかしこのアプリ、トラブルに足を突っ込みかねないのだ。と言うのも、中国で強制的に使用を義務付けられている指標ではなく、さらに厳しい内容である米国環境保護庁(EPA)の指標を使用しているからである。iPhone と Android 用にアプリは無料で提供されており、北京のスマートフォン所持者に向けて「PM2.5」と呼ばれる記録情報を提供している。これは、直径2.5マイクロメーター未満の極小粒子状物質の類を指すものである。PM2.5 物質は、中国の古いシステムで用いられる指標で示される大きな汚染物質よりも、都会に住む人々の肺に深刻なダメージを与えるものと考えられている。そしてそれが理由で、北京のどんよりした「もや」の中にあるものの実態を、より明らかにするEPAのPM2.5計測法は、物議を醸し出すものになるのだ。

中国における、中国語でのその呼称は「北京空気汚染指数」と普通なものだが、 このアプリの正式名称は英語表記でDirtyBeijingであり、これもまたリスクを伴うものとなっている。このアプリはかなり単純な仕組みで、画面1つのみのアプリで、まだ新しく、しかもバージョン1.0である。今のところ、2つのグラフ、PM2.5の記録情報、そして外出を考える人々へのマスクが必要かなどのアドバイスを2件ほど提供するのみとなっている。

このスタートアップは、都会の在住者が「より直感的に大気汚染に反応できる」よう、このアプリの背景画像が切替式になっていると述べた。素晴らしい。指標やカラーコードシステム(下図参照)や、なぜこのアプリが便利なのかということの説明があればより良いのだが。米国のEPAが必須としているPM2.5大気汚染指標を本アプリでは使用している。

「優良」イコール「不健康」

そして実際、なぜPM2.5がこれほどまで有効とされているのか? 政府運営の中国環境監督センター(CNEMC)の北京向けのページをちょっとのぞいてみると、異なった計測値により大気環境状態は(これがまた、およそ2日前のものなのだ)「優良」であるとなってており、「大気汚染指数」の数値は27となっている。これが本来意味するところは分からないが。しかしEPAのPM2.5計測値は違う結果となっている。そしてこのアプリの実に便利な 30日履歴タイムラインを使用し、同じ時間帯の北京の大気状態を調べてみるとオレンジ区域に到達しており、「敏感な人にとっては不健康な状態」との説明で、インデックスも125となっていた。もはやこれは間違い探しのレベルである。

これらの背景から、PM2.5はいまだ取り扱いにくい問題なのだ。先週、南京市がPM2.5の大気汚染データをWeibo(微博)上の地方自治体ページに誤って投稿した後すぐに削除したことを、私の同僚のCharlieは気付いたらしい。昨年、北京の米国大使館の良い空気を欲するスタッフが、彼/彼女の説明の仕方があまりにも独創的すぎて、公式の@BeijingAir アカウント上で北京市のオゾン層が「狂ったほど悪い状態」と述べたおかげで、EPAシステムは中国で悪評を得ることになってしまった。しかし Joycleanでは、ほぼ2000万人もの人々が日々空気中のどういった物質を吸い込んでいるのかを警告し、より事実に基づいたデータを提供している。この記事を書いている間にも、北京のオゾンレベルは165から172へと悪化し、今ではレッド区域で「不健康」レベルとなっている。

このiPhoneおよびAndroid向け無料アプリは、Fresh Ideasのホームページから入手可能だ。

【via Penn Olson】 @pennolson

----------[AD]----------

PennOlsonが中国のテックにフォーカスする理由

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 リソースは限られている。それが時間であれ、お金であれ、そしてもしくは人材であれ。ならば、あなたのスタートアップは何に焦点を絞る? これは、私がここ数か月ずっと自問してきた問題だ。多くの読者は、Penn Olsonが中国、インド、インドネシアそして日本からの話題を伝えていたことを記憶しているだろう。 だが、徐々に、私達の記事は中国の話題へと傾きつつある。私達が…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

リソースは限られている。それが時間であれ、お金であれ、そしてもしくは人材であれ。ならば、あなたのスタートアップは何に焦点を絞る? これは、私がここ数か月ずっと自問してきた問題だ。多くの読者は、Penn Olsonが中国、インド、インドネシアそして日本からの話題を伝えていたことを記憶しているだろう。

だが、徐々に、私達の記事は中国の話題へと傾きつつある。私達が焦点を変えたことで、東南アジアやインドについては諦めたのかと質問してきたシンガポールやインド、インドネシアの友人や読者が気を悪くしたのも当然だ。

でも、東南アジアやインドを諦めてはわけではない。その証拠に、今でもアジア圏のスタートアップを記事にするために情報を聞き出している。ラオス、ベトナム、インド、インドネシア、日本、シンガポール、どこの国であろうと、私達は喜んで仲間の起業家のメッセージ(良いものでも悪いものでも) を伝えている。Penn Olsonのリニューアルしたサイトにも「Around Asia(アジア周辺)」というセクションがあるのに気付くだろうし、そのセクションがなくなることはない。大抵のスタートアップと同様に、私達のリソースにも限りがある。だから、何を成し遂げたいかということにピンポイントで的を絞らなければならない。5人のチーム(ブロガーが3.5人、事業開発が1.5人)なので、アジアを地域ごとに分け、焦点を絞って、攻略するのがベストだ。

でも、なぜ最初に中国なのか? これは、私達にとっては理にかなった選択だ。いやが応でも世界は中国について知りたがっているし、中国関連の話題は繰り返し多くのクリックがされている。(そう、数か月間トラッキングを実施したのだ。)

これは—私達の自尊心を満足するわけでもなければ、その他の報道機関と私達の報道を比べるわけでもないが—私達のチームが中国のテック業界で最大の影響力を持つようになってきたというだけのことだ。そして、それが私達が中国で引続き良い仕事をして頑張らなければならないという理由につながるのだ。

だがそうは言ったものの、私達はブログ記事を書きながらコツコツと自分達のネットワークを構築し、いろんな事情に精通しようとしている。中国のテック産業についてすべてを知っていると豪語する度胸のあるブログサイトが世の中にあるとは私は思わない。(念のために言っておくが、「アジアのマイケル・アリントン(訳注:TechCrunch 創業者)」というものはない。そして、そうなりたいと目指すべきでもない —自分自身の伝説を作ろう!

つまり言いたいことは、他の多くの小さなスタートアップと同じように、私達も自分達が一番長けていることで、しかも影響を与えられるものに焦点を絞らなければならない。確かに、私達にもあれやこれやとやりたいことはたくさんある。だが、私達に今あるリソースではそれを実現することはできない。だからそう、アジア圏のスタートアップとともに中国に関する話題を書くことが、私達が定めた焦点なのだ。

【via Penn Olson】 @pennolson

----------[AD]----------