シンガポールのデータ通信を可視化した6つの華麗なビジュアル

SHARE:

【翻訳 by Conyac】
LIVE Singapore はシンガポールでデータのリアルタイムなビジュアライゼーションを提供している。携帯電話の利用から F1 グランプリに至るまで、シンガポールの複雑なデータを 6つの華麗なビジュアライゼーションで表現しているものだ。

LIVE Singapore は Singapore-MIT Alliance for Research and Technology (SMART) の Future Urban Mobility の研究の一部として開発を行っているプロジェクト。これは市街から得られる複数のデジタルデータをまとめ、一連のダイナミックなビジュアライゼーションに変換するものだ。

私は特に、リアルタイム携帯電話利用状況のビジュアライゼーションが好きだ。シンガポールの携帯電話普及率が 140% を超えている驚きを感じることができる。これが高い数字だとはわかっているが、これほどのことだとは思っていなかった。

LIVE Singapore が提供する、以下の 6つのビジュアライゼーションを楽しんでほしい。シンガポールの様々な状況でのデータを見ることができる。

Real-Time Talk

Formula One City

Raining Taxis

Hub of the World

Isochronic Singapore

Urban Energy

「過去10年において、我々の街にはデジタル情報という層が欠落していた」と、プロジェクトを率いる MIT Senseable City Lab の ディレクターと準ディレクターである Carlo Ratti と Assaf Biderman は語る。「研究の結果、今では市街の膨大なデータをリアルタイムに収集することができるようになった。これは我々の街の設計や街での生活自体についての考えを、根本的に変えようとしている」。

もしシンガポールにお住まいなら、Singapore Art Museum で行われる展示会に足を運んでみてほしい。詳細はこちら。

【via Penn Olson 】