[翻訳News] ソフトバンクの松本徹三氏、孫正義CEOと東日本大震災について語る

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

グローバルインターネットモバイルカンファレンス(GMIC)のあった先週、ソフトバンクモバイルの副社長とインタビューをする機会を得た。

松本氏は、最近の日本の災害を受けてエネルギー詰問委員会を設けたCEOである孫正義氏についてこう語ってくれた。

孫氏は、当社のビジネスとは非常に独立した形でこの委員会に取り組んでいます。この委員会は、当社のビジネスには全く関係のないものです。孫氏は、韓国系日本人3世ですが、日本を愛しています。日本という国に対して、何か重要な貢献をしたいと心から思っているのです。孫氏は反原発であり、新しい安全なエネルギーが普及するべきであると真剣に考えています。そして、その活動の展開に時間を費やしたいと思っているのです。もちろん、孫氏だけではなんともなりませんので、政府を巻きこんだ他の人々とチームを組み、何かしようと試みているのです。

松本氏は、孫氏の個人的な巨大な地震義援金にも感動したという。

興味深い事に、経営委員会で孫氏はこう冗談を言ったのです「皆、僕は給料を受け取らないと約束してしまったから、すごく貧乏になるかもしれない。そうなったら、僕を助けてくださいね」ー孫氏は自社の活動から今後一生給料を受け取ることはない。しかし、孫氏はやると決めたら大きくやらなければ気がすまない性質なのです。

また松本氏は、ソフトバンクがアップル社の関係に非常に満足しているとし、こう語る「孫氏はSteve Jobs氏と同じ価値観を共有しているのです。」そしてこう付け加えたー「相性が非常にいいんです」しかし、松本氏は現実的に「当社のユーザーが100% iPhoneユーザーになることはあり得ない」とし、アンドロイドにも期待をかけていると説明した。

GMICでの壇上スピーチの際、松本氏は、ソフトバンクの目標は世界一のモバイルインターネットプロバイダーになることであると大胆にもいってのけた。松本氏は、ドコモとAuが非常に強力な対抗馬ではあるが、ソフトバンクもよく健闘していると思うと述べている。

【via Penn Olson 】

----------[AD]----------