アジアのオンライントラベルプランナーQiitoが160万ドルを調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Qiito (key(キー)Tow(トウ)と発音)は、Quick(早く)、Interesting(面白い)、Interactive(インタラクティブな)、Travel Organizer(トラベルオーガナイザー)を略したものだ。

このシンガポールのスタートアップは、アジア初のネット上のインタラクティブなトラベルプランナーであると語っている。

しかし、我々はそれについては異議を唱える。我々は今年の5月に5万ドルを調達し、サービスに取り組む日本のTrippieceを取材しているのだ。とはいえ、Qittoははるかに多額の資金を調達しているようだ。

QittoのChuang Pei-HanがPenn-Olsonに語ったところでは、トラベルオーガナイザーのスタートアップである同社は、今年の7月に名前は明らかにされていないが日本のベンチャーキャピタルからシリーズAの資金調達を受け、200万シンガポール・ドル(160万米ドル)以上を獲得しているという。

資金の額に加え、TrippieceとQiitoのもうひとつの違いはサイト上で使用されている言語だ。Trippieceが日本市場向けに展開しているのに対し、Qittoは英語で提供されており、世界のほとんどの市場を視野に入れてサービスを展開している。

Qittoは現在、開発中であり、10月にベータ版が開始され、その後に様々なプロモーションがおこなわれる予定だ。プロダクト開発の完了前であるにもかかわらず、Quittoは台湾旅行のプロモーションを支援するため、台湾観光局とパートナーシップを組んだ。

私は手段についてはっきりとわからないが、おそらくコネがあるのだろう。もしかすると、これはQuiitoが何か特別なものを提供できることを示唆しているのかもしれない。Pei-HanはQittoのサービスについて、以下のように語っている。

Qiito.comは非常に視覚的、直感的な作りで、ロケーションに基づいてドラッグ・アンド・ドロップで簡単に日々の旅行の予定を立てることができます。クラウドソースのコンテンツなので、実際に体験した人の話や自分の興味のある旅行先に対するレビューも役に立つことでしょう。友達と旅行日程を共有し、友達がすべてリアルタイムで修正したりコメントを残すことができます。

その他のオンライン上のトラベルプランナー、特に TripitやYahooのプランナーが提供しているものと似ているが、とても良さそうなサービスだ。Qittoのベータ版のサービス開始を待って、詳細なレビューを提供する予定だ。乞うご期待。

【via Penn Olson 】 @pennolson