TechCrunch Disrupt 賞をかけて、スタートアップ・ウィークエンド北京は今週金曜日にキックオフ

SHARE:

今週末は、新たなスタートアップ・ウィークエンドが北京で開催される。Penn Olson の読者なら、8月に開催されたスタートアップ・ウィークエンド東京の記事を読んでくれたことだろう。集中した3日間のセッションを通じて、多くのチームがスタートアップ・アイデアに向けて、心を一つにしていた。

北京のイベントは10月21日~23日に開催されるが、今までと違うのは、今月末、北京で開かれる TechCrunch Disrupt の展示ブースの権利を賞として得られる点だ。受賞者は TechCrunch Disrupt で2日間ブース展示が可能となる。

これに加え、スタートアップ・ウィークエンド北京に申し込んだスタートアップのうち20社には、29日と30日に開催される、TechCrunch 北京のハッカソンへの入場証が贈られる。

今回のスタートアップ・ウィークエンド北京とハッカソン・イベントは、TechCrunchRed Pagoda Resources の共催となっている。Red Pagoda Resources は、中国でベンチャーキャピタルが出資しているネット企業向けに人材を供給する会社だ。Red Pagoda Resources の取締役を務める Andy Mock 氏は次のように語っている。

「今回のスタートアップ・ウィークエンド北京が、TechCrunch Disrupt 初の国際イベントの予選に位置づけられたのは、シリコンバレーやニューヨークと同じく、北京がテック界で重要な意味を持ちつつあるからだ。優秀チームは、先ごろ設立された中国のシードラウンド投資基金『China Startup Republic/Innovation Camp』から、最低2万5千米ドルの出資を受けられる。」

スタートアップ・ウィークエンド北京に参加したい人は、こちらのフォームから申し込んでほしい。参加者の中には注目すべきスピーカーやコーチも居る。中国ならでは体験も大いに得られるだろう。

スタートアップ・ウィークエンド北京の前回のハイライトは、Tech Rice のすばらしい記事をチェックしてほしい。

【via Penn Olson 】 @pennolson