企業向けギフトサイトのVgift(唯礼)、VCから1千万人民元(約1.2億円)を調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

B2CのEコマースサイトのVgift.com.cn(唯礼)は、先ごろ資金調達ラウンドを完了した。まだ正式にオープンしていないサイトだけに、このニュースには驚きである。(編集追記:原文掲載11月14日。現在はサイトはオープンしている)

同社は、中国のベンチャーキャピタルグループ「Hao Wang Jiao(好望角)」から、確定はできないが「数十から数百万人民元(少なくとも157万米ドル)」の資金を調達した。現地メディアは Baidu(百度)KingSoft(金山軟件)、CD Mediaなどの経営陣、そしてウェブ関連企業数社がエンジェル投資家として名を連ねていると、報じている。

Vgiftは -なんてニッチな企業だろうか- 企業向けのギフト購入サイトである。1つの企業がたくさんのモノグラム調ライターを購入したり、あるいはビジネスマンが他のビジネスマンへのギフトを大量に購入したりするのだろう。このサイトでは、ギフトカードを用意しており、受取人は品物を選ぶことができる。中国国内であればどこでも送料無料、そして無料のカスタマーサービスコールのラインも設けている。

このEコマースサイトは10月に設立されたばかりで、現在60名のスタッフを抱えている。正式オープンは11月末だ。CD MediaのYan Zhi-feng(楊志鋒)氏はエンジェル投資家の一人で、彼は個人的にVgiftの可能性に期待していると言う。 今回の資金調達がいくらだったのか詳細などは明らかになっていない。事実、Vgiftは既に大手企業を顧客として獲得しており、Shanghai Pudong Bank(上海浦東発展銀行)やウェブメディア企業のNetease(網易)がその数社で、間もなくVgiftを通じて企業向けのギフト配布をおこなうそうだ。

出典: TechWeb(中国語)

【via Penn Olson】 @pennolson

----------[AD]----------