中国VCによる国内投資スタートアップ数が1年で1.5倍に、2012年はそうはいかない

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Shanghai Daily(上海日報)の昨日の報道は、中国のベンチャーキャピタルによる2010年から2011年の国内投資スタートアップ数が50パーセント増加したと伝えている。調査会社のChina Ventureによると、976のスタートアップが89億5千万米ドル相当の投資を受けたという。2011年での平均投資額は917万米ドルで、2010年と比較して30パーセントの増加である。

だが、2011年の下半期には投資に陰りが見られた。その主な理由として、先行きが不透明な世界経済のニュース、飽和状態にある投資マーケット、VC間の激しい競争などがある。

四半期単独で見ると、投資額は43パーセント下がっている。北京にいる多数の投資家たちが、この先数ヶ月にわたって投資の回収は難しいだろうといった議論をしている。2012年の市場は大荒れとなり、スタートアップは生き残るためにコスト削減に取り組む必要があると言っている。

当然のことながら、ベンチャーキャピタルからの投資額上位10社のうち8社がインターネット関連企業だった。そこには、衣類のEコマースサイトであるVancl(広州買衣)も入っている。

2012年、おそらく投資家はインターネット関連企業には嫌気が差してくるだろう。不正会計の調査がたくさん入り、昨年9月にはYouku(優酷)やBaidu(百度)の株式が暴落してしまったからである。中国企業による粉飾決算の認識については、Focus Mediaなどに法律事務所Muddy Waters LLCが調査に入ったことで強調されている。

【via Technode】 @technodechina