中国行政、共同購入サイト業界の規制に前向き

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

この半年、中国の共同購入サイトは決して上手くいっているとはいえない。実際、様々な倒産や詐欺行為が横行し、このまま自然消滅させても良いくらいだ。しかし昨日、国家工商行政管理総局は共同購入サイト業界を規制することが望ましいとの見解を発表した。

この意見書における具体的な提案は、サービスおよび商品の質に対する監査システムの実行だ。契約書を用いて企業および消費者の権利や責任を明確にし、ユーザーの個人情報を保護するためのプライバシー保護システムを実施する。また不正なビジネス慣習を禁じ、取引の詳細を記録/保管し、共同購入販売の活動(これがどういうことを意味するものであれ)を標準化するというものだ。

さらに同意見書は監督者に対して、業界の監督や現行規則の施行をより入念に行なうよう呼びかけた。とはいえ、これは単なる意見にすぎず新たな法律ではない。この意見書が「世界消費者権利デー」の前日に発表されたことから、何かを行なうという意向を実際に表すものではなく、スタンドプレーだと解釈する人もいるだろう。

いずれにせよ、国家工商行政管理総局が共同購入サイトを規制したいのであれば、すぐに実行した方が良いだろう。そもそも規制するものが何も残っていないかもしれないのだから。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------