Weibo(微博)をベースに周囲とコミュニケーションができるShenbian(身辺)[Launchpad]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Shenbian(身辺) の共同創業者兼チーフデベロッパーであるMiles Cuiにとって、位置情報に基づくサービスはもう古いようだ。Weibo(微博)をベースにしたソーシャルIM(インスタントメッセージ)の革命児であるShenbianは、Sina Weibo(新浪微博)のソーシャルパワーと、リアルタイムのコミュニケーションを併せることで、モバイルコミュニケーションの分野をさらに発展させていこうとしている。

中国のモバイルSNS市場は過熱状態であり、少し例を挙げるだけでも immomo.com(陌陌)、qiyu.im(奇遇)、jimii.cn(几米)、shanju.com(内聚)、zaizher.im(在这儿)などがある。一年間で非常に多くの新しいサービスが登場したことになる。

これらのSNSは多かれ少なかれ似たような機能を搭載している。たとえば、位置情報通知機能、近くにいる人を探す機能、フリーメッセージ機能などである。これらの機能はすべて、シリコンバレーの新規事業で位置情報・リアルタイム・モバイルチャットなどが特徴の地域密着型リアルタイムコミュニ ケーションアプリ「Yobongo」に端を発している。

一方Shenbianは、Weiboアカウントとの連携やグループチャット機能を搭載することで、他サービスとの差別化を図っている。Sina Weiboのアカウントで認証ログインができるため、近くにいる他のWeiboユーザー(フォロー、フォロワーなど)を探すことができる。

しかも、いつでもプライベートチャットとグループチャットを簡単に切り替えることができるのだ。グループチャットは、ロケーションベースでかつWeiboユー ザー間だけのチャットルームと考えるとわかりやすいかもしれない。モバイルIMサービスと言えば大抵は1対1だけであるため、他サービスには無い珍しい機能だ。

【via Technode】 @technodechina