チェックイン機能を搭載したグルメのためのPinterest系中国サービス

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

今、中国はPinterest系クローンサイトで溢れている。その中にかなり専門的で興味深いソーシャルピンボードサイトがある。その1つがMeishiXing(美食行)だ。

中国名が意味する通り、同サイトは完全に「食べ物」だけに特化している。利用者は写真を撮って掲載したり、食べ物を描写したり、レストランやカフェへのチェックインや料理の感想を共有できる。MeiShiXingを開発したスタートアップは数か月前にiOSやAndroid向け(写真下)アプリを同時にローンチしているが、上に掲載しているウェブサイトは先週末にローンチしたばかりだ。ウェブサイトでは数多く集まった投稿の全体像が見ることができるが、ユーザーの活動のほとんどはモバイルアプリを利用して行なわれている。

このウェブアプリは閲覧に向いており、お気に入りアイテムをWeibo、Renrenなどと共有することができる広範なオプションが設けられている。「like – いいね」ボタンではなく、このアプリに適切な「食べてみたい」アイコンを押すことができる。

MeishiXingは、ソーシャルピンボード、ソーシャルネットワーキングサービス、そして位置情報サービス(LBS)が組み合わさったもので、チェックイン・サービスのJiepangに競合するようなアプリとなっている。

現時点では中国の主要6都市だけが対象で全国的な運営と呼ぶには程遠い。しかしLBS要素を考えると、当然のことながら場所をあらかじめ記録しておく必要があるため、更なる注意とデータの入手などが必要になるだろう。

今のところ、同サイトにはサービスを収益化する明確な手段はないが、レストランや他の企業とタイアップすることが前進する最善の方法のようだ。それに対し、Renren(ニューヨーク証券取引所:RENN)などが行うファッション向けのPinterest系クローンサイトは、Alibaba(阿里巴巴)のTaobao(淘宝)などのECサイトにトラフィックを誘導することでより迅速に収益を上げることができる。

現在、MeiShiXingは招待制のみで運営されており、広く一般に公開することへの焦りを感じていないことが分かる。招待コードがあれば、新規ユーザーはSina(新浪)、Tencent(騰訊)いずれかのWeiboアカウントでサインインすることができる。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------