中国人の3億人は太りすぎ – 健康フィットネスのアプリを試すべき

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】
中国人のうち3億人が太りすぎ、1億2000万人が肥満、9680万人が糖尿病を患い、2億3600万人が高血圧である。4jia1の創設者であるJames Huangはこの恐ろしい数値をシェアしてくれた。健康やフィットネスアプリをもっと試した方がいいと彼は指摘する。私自身、彼にはすごく同意する。

4jia1(4+1を意味する)は、ユーザーの健康とフィットネスに焦点を当てた中国初のモバイルソーシャルネットワーク。サービス開始は2011年3月、7ヶ月後にはiOSとAndroid版のアプリをリリースした。

具体的にどのようなサービスなのだろうか?簡単に言うと、運動をしているときにアプリケーションを立ち上げることで、特許出願中のアルゴリズムが運動を自動的にモニタリングし、カロリー消費量を計算して記録してくれるのだ。ユーザーはそれをWeibo(微博)やその他のソーシャルメディアで友人に共有できる。

Jamesの2つ目のアプリも健康とフィットネスに特化している。その名も「食べながらダイエット」(边吃边瘦)。これは写真共有のアイディアを生かしたもので、食べているものの写真を撮って料理の名前を入力すると、写真の中の総カロリーが表示される。食事を摂る度にこれを行えば、食べた料理の記録をもとに食事の分析と料理の提案をしてくれる。ユーザーは日々の健康をモニタリングすることができるというわけだ。料理の写真と総カロリーはソーシャルメディアでも共有できるため、ダイエットが一層楽しくなるに違いない。

4jia1は南京を拠点にしており、iCampSTEFGからの出資を受けている。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------