Acheevitが語るMig33との共同事業および北京でスタートアップを立ち上げることについて

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

この記事を呼んでいる読者の中には、今年開催されたStartups in Asia シンガポールのイベントで、北京を拠点とするスタートアップであるAcheevitが興味深いBtoBの営業戦略に取り掛かっているということをご存知だろう。

当企業は営業担当者のモチベーションを向上するため、ソーシャルメディア、分析内容、そしてゲーミフィケーションを適応させ、営業チームにリアルタイムのパフォーマンス情報とフィードバックを提供する。先日AcheevitのNickyとMikeと、北京東部に在する彼らのオフィスで会談をする機会を得た。Acheevitの北京での立ち上げから運営、そしてmig33との新たな取引に関してより詳しく知ることができた。

動画を見ることができない人のために、ここに概要を用意した。

Acheevitは2つの要素から成っている−デスクトップアプリケーションとWeb上のダッシュボードだ。管理者とチームメンバーに対して、販売とチーム目標についてのリアルタイムの情報を提供しながら、報酬やゲーム的な要素を通してモチベーションを高めていく。今日はまさに同社の最初のクライアントであるmig33とのソフトウェアの正式なスタート日だ。しかしソフトウェアはまだ開発段階なので、チームはフィードバックを得ることにとても興奮しており、今後新規クライアントを得てからも製品の改良を続けるとしている。

NickyとMikeは、二人とも北京はスタートアップを立ち上げるにはいい環境だと語った。北京にはシリコンバレーのように絶えず気を散らせるようなものがないため「集中できる」のだと言う。もちろんその代わり、ここでのスタートアップのエコシステムはそれほど発展していない。だから投資家を見つけるのは他より難しいだろう。

mig33との取引の実現化へと向けて計画を練っている創始者のNicky Szmalaは、彼がFounder Institute in Singaporeに在籍していた頃、mig33のCEOであるSteven Gohと会ったと話す。彼はAcheevitのアイディアを売り込み、Gohは興味を持ち彼らと連絡を取り続けてきた。最終的にGohは顧問に落ち着いた。mig33の営業チームへのインタビューを重ね、本日mig33でリリースされた商品の開発に必要となる情報を収集した。

Acheevitについての更なる詳細はこちらの公式サイトへ。もしくはTwitterにて当企業チームをフォローすると良いだろう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------