Googleがついにストレージサービス「Google Drive」を発表

SHARE:

本日、(米国時間4月24日)に、GoogleはストレージサービスのGoogle Driveをローンチした。

長らく、噂されていたものだけに、これまでオンラインストレージサービスとして人気を博していたDropboxとの比較や差別化などがきになるところだ。

Google Driveのページにいくと、Google Driveの概要説明などが書かれている。Google Driveは、その多くがDropboxとそっくりだ。しかし、大きな点は、これまでのGoogle Docsと統合し、オンラインで5GBまでの無料のストレージを提供する。筆者は、Google Driveをさっそくダウンロードしてみた。

ダウンロードをおこなうと、そのあとは、これまでGoogle Docsにあった資料を同期するかのナビゲーションがでてくる。

同期終了後は、これまでのGoogle Docsの利用と同じように使うだけで、自動的にGoogle Drive内に同期される。つまり、これまで単体で存在していたGoogle Docsがなくなり、すべてがGoogle Drive内で管理することとなった。

その他に変わった点として、別のアカウントからシェアされたDocsの一覧が「Share with me」というタブによって管理することができる。(右図参照)

これまで自分のDocsと友人のDocsが同じページで管理されていたものが、タブを切り替えて管理することができる。操作自体はまさにDropboxとほぼ同じような仕様となっており、Dropboxをこれまで使っていた人にとっては、操作は容易だろう。また、Macユーザーは、アプリとしてダウンロードするため、PC内にてフォルダを作成することができる。

もちろん、同期されたあとはオフラインでも利用は可能だ。今後は、iPhoneやiPad版が登場し、さらに使いやすくなることは間違いない。

また、これに伴い、これまでGmailで可能となっていた追加容量が、25GB(月額2.49ドル)、100GB(同4.99ドル)、1TB(同49.99ドル)など、月額契約で購入できる9つのプランを提供しており、最大16TB(同799.99ドル)まで拡張できる。Gmail、Google Drive,PicasaといったGoogleのツール全体の容量追加が可能となる。

もちろん、これまでと同様にDocsを共同編集することも可能だ。またGmail、Google Drive、Google+と連携することで、Google Drive中のファイルはGmailに「添付」する必要がなくなる。単にリンクを送信するだけで、相手のGoogle Driveに最新版ファイルに共有として反映される。Google+での共有も同様だ。

その他、GoogleとしてのDoc内の検索機能も充実したが、まだまだ今後の改良に期待される。さまざまなGoogle サービスとの連携が今後図られる中、ユーザーにとっては大きな利点となりうるだろう。

まだの方は、Google Driveページへ。順次、利用可能となるだろう。